コロナ禍において労働意欲は低下したのか?

というNBER論文が上がっている。原題は「Has the Willingness to Work Fallen during the Covid Pandemic?」で、著者はR. Jason Faberman(シカゴ連銀)、Andreas I. Mueller(テキサス大学オースティン校)、Ayşegül Şahin(同*1)。
以下はその要旨。

We examine the effect of the Covid pandemic on willingness to work along both the extensive and intensive margins of labor supply. Special survey questions in the Job Search Supplement of the Survey of Consumer Expectations (SCE) allow us to elicit information about individuals’ desired work hours for the 2013-2021 period. Using these questions, along with workers’ actual labor market participation, we construct a labor market underutilization measure, the Aggregate Hours Gap (AHG), following Faberman et al. (2020). The AHG captures changes in labor market underutilization for the full population along both the extensive and intensive margins using data on desired work hours as a measure of their potential labor supply. We find that the sharp increase in the AHG during the Covid pandemic essentially disappeared by the end of 2021. We also document a sharp decline in desired work hours during the pandemic that persists through the end of 2021 and is roughly double the drop in the labor force participation rate. Ignoring the decline in desired hours overstates the degree of underutilization by 2.5 percentage points (12.5%). Our findings suggest that, as of 2021Q4, the labor market is tighter than suggested by the unemployment rate and the adverse labor supply effect of the pandemic is more pronounced than implied by the labor force participation rate. These discrepancies underscore the importance of taking into account the intensive margin for both labor market underutilization and potential labor supply.
(拙訳)
我々は、労働供給の外延と内延の両面*2において、労働意欲にコロナ禍が及ぼした影響を調べた。消費者予想調査*3での求職に関する補足の特別調査の質問は、2013-2021年の期間における個人の希望労働時間に関する情報の抽出を可能にする。それらの質問と労働者の実際の労働参加率を用いて我々は、フェイバーマンら(2020*4)に倣って、労働市場の不稼働の指標である総労働時間ギャップ(AHG)を構築した。AHGは、希望労働時間のデータを潜在的な労働供給の指標として用い、労働市場の外延・内延両面における全人口についての労働市場の不稼働の変化を捕捉する。我々は、コロナ禍におけるAHGの急速な上昇は、2021年末までに事実上消失したことを見い出した。我々はまた、コロナ禍において希望労働時間が急速に低下し、それが2021年末まで継続したこと、および、その低下は労働参加率の低下のおよそ2倍であったことを明らかにした。希望労働時間の低下を無視すると、不稼働の度合いを2.5%ポイント(12.5%)過大評価することになる。我々の発見は、2021Q4時点において、労働市場は失業率が示唆するよりも逼迫しており、コロナ禍の労働供給への負の効果は労働参加率が示すよりも顕著であることを示している。こうした乖離は、労働市場の不稼働ならびに潜在的な労働供給の両者において内延効果を考慮することの重要性を明らかにしている。

*1:この人はこちらで紹介した同時期に上がったNBER論文の著者でもある。

*2:cf. ここ

*3:cf. ここ

*4:これ