マッカーシズム、メディア、政治的抑圧:ハリウッドについての実証結果

というNBER論文が上がっている(H/T タイラー・コーエンungated版へのリンクがある著者の一人のページ)。原題は「McCarthyism, Media, and Political Repression: Evidence from Hollywood」で、著者はHui Ren Tan(シンガポール国立大)、Tianyi Wang(トロント大)。
以下はその結論部。

Demagogues have existed throughout history, yet empirical evidence on their impact remains limited. This paper assembles a unique collection of novel data to study the effects of a far-reaching episode of demagoguery in Cold War America: the anti-communist witch-hunt in Hollywood. From the late 1940s through 1950s, hundreds of people in the entertainment industry were accused of having communist ties or sympathies. These accusations were not random but systematic, targeting prominent and progressive personalities with dissenting views. Actors and screenwriters who were accused suffered a setback in their careers that lasted for a decade or longer. Beyond the accused, the anti-communist hysteria also had a chilling effect on film content and freedom of expression, as non-accused filmmakers avoided progressive topics. The decline in progressive films, in turn, made society more conservative.
Our paper provides the first empirical evidence of how demagoguery can affect civil liberties and democratic norms. McCarthyism not only jeopardized individual careers but also stifled dissent and freedom of thought, reshaping political preferences in society. While set during the Cold War, our findings offer more general insights on the substantial influence that demagogues wield and the vulnerabilities of the public to that influence.
(拙訳)
デマゴーグは歴史を通じて存在してきたが、その影響に関する実証結果は限られている。本稿は独自に新たなデータを収集し、冷戦期の米国における大規模なデマゴギーの事例であるハリウッドの赤狩りの影響を調べた。1940年代末から1950年代に掛けて娯楽産業の何百人という人々が、共産主義と関係している、もしくは賛同している、と告発された。そうした告発はランダムではなく体系的なものであり、体制と意見を異にする著名かつ進歩的な人々を対象としていた。告発された俳優と脚本家は、十年もしくはそれ以上に亘るキャリアの後退を経験した。人々の告発だけでなく、反共ヒステリーは映画の内容と表現の自由を委縮させる効果ももたらした。告発されなかった映画製作者が進歩的なテーマを避けたためである。進歩的な映画の低迷は、社会をより保守的なものとした。
本稿は、デマゴギーがどのように市民の自由と民主主義の規範に影響するかについて、初めての実証結果を提供する。マッカーシズムは個人のキャリアを台無しにしただけでなく、意見の相違や思想の自由を封殺し、社会の政治的選好を再形成した。冷戦期についての研究ではあるが、我々の発見は、デマゴーグがもたらす顕著な影響と、その影響に対する公衆の脆弱性について、より一般的な洞察を提供する。

米国においてマッカーシー以来の稀代のデマゴーグとも言える政治家が大統領に返り咲こうとしている今日、示唆に富む研究と言えるかもしれない。

危機時におけるシステマティックリスクの識別

というNBER論文が上がっているungated(SSRN)版)。原題は「Identifying Shocks to Systematic Risk in Times of Crisis」で、著者はJacob Boudoukh(ライマン大)、Yukun Liu(ロチェスター大)、Tobias J. Moskowitz(イェール大)、Matthew P. Richardson(NYU)。
以下はその要旨。

We characterize how risk evolves during a crisis. Using high-frequency data, we find that the first two principal components (PCs) of the covariance matrix of global asset returns experience large, sudden, and temporary spikes coinciding with well-known crises – Covid-19 pandemic, Global Financial Crisis, and Brexit. Despite the origin of these crises being very different, the risk dynamics share remarkably common features: PC1 shocks come solely from asset volatility, while PC2 shocks come from changing loadings/composition, effectively making it a “crisis” factor. Using the exogenous nature of Covid-19, we provide novel identification of risk dynamics by linking these changes to news about the virus and epidemiological model forecast errors over time and across countries. We conclude with investment implications, where shocks to systematic risk sharply reduce diversification benefits and ex ante attempts to hedge it are futile, which may be a defining characteristic of a crisis – that it is unavoidable.
(拙訳)
我々は、危機時にリスクがどのように推移するかを特徴付けた。高頻度データを用いて我々は、世界の資産リターンの共分散行列の最初の2つの主成分(PCs)に、良く知られた危機――コロナ禍、世界金融危機、およびブレグジット――と符合する大きく突然で一時的なスパイクが生じることを見い出した。それぞれの危機の原因は全く違うが、リスクの推移の特徴は著しく共通していた。PC1ショックは資産のボラティリティだけから生じていた半面、PC2ショックはローディング/構成の変化から生じていて、それにより同ファクターは「危機」ファクターとなっていた。コロナ禍の外生的な性格を用いて我々は、時系列および各国について、それらの変化をニュースならびに疫学モデルの予測誤差と結び付けることにより、リスク動学の新たな識別を提示する。結論では投資にとっての意味合いを述べる。システマティックリスクへのショックは分散化の利益を急速に減少させ、それをヘッジしようとする事前の試みは無益なものとなる。それは、回避不可能という危機の明確な特徴である。

使用した世界の資産のデータは、12か国の株価指数先物(オーストラリア、ブラジル、ドイツ、カナダ、スペイン、フランス、インド、イタリア、日本、スイス、英国、米国)、8か国の10年物国債先物(オーストラリア、ドイツ、カナダ、フランス、イタリア、日本、英国、米国)、6か国の直物為替相場(オーストラリア、ユーロ、カナダ、日本、スイス、英国の対米ドル相場)という26の資産の分刻みの価格との由。
ニュースはRavenPack社*1のデータを用いたとのこと。以下はそのコロナ禍のニュース指数で、日本が他国に先駆けて反応していることが分かる。

以下は疫学モデルによる予測死者数(赤点線)と実際の死者数(青線)を示した図。日本を除き当初の予測にスパイクが見られる。

*1:cf. Technology and insights for data-driven companies | RavenPack(HP)、Ravenpackペンシルベニア大Wharton Research Data Services(WRDS)のデータベンダー紹介ページ)。

米史上最大の法人減税からの教訓

というNBER論文が上がっているungated版)。原題は「Lessons from the Biggest Business Tax Cut in US History」で、著者はGabriel Chodorow-Reich(ハーバード大)、Owen M. Zidar(プリンストン大)、Eric Zwick(シカゴ大)。
以下はその要旨。

We assess the business provisions of the 2017 Tax Cuts and Jobs Act, the biggest corporate tax cut in US history. We draw five lessons. First, corporate tax revenue fell by 40 percent due to the lower rate and more generous expensing. Second, firms with larger declines in their effective tax wedge increased investment relatively more. In aggregate, we suggest a loose consensus from the literature that total tangible corporate investment increased by 11 percent. Third, the business tax provisions increased economic growth and wages by less than advertised by the Act’s proponents, with long-run GDP higher by less than 1% and labor income by less than $1,000 per employee. Fourth, provisions that increase foreign investment by US-based multinationals also boost their domestic operations. Fifth, some of the expired and expiring provisions, such as accelerated depreciation, generate more investment per dollar of tax revenue than others.
(拙訳)
我々は、米史上最大の法人減税である2017年の減税・雇用法案における企業条項を評価した。我々は5つの教訓を引き出した。第一に、税率引き下げと費用化の範囲拡大により法人税収は40%減少した。第二に、実効税ウェッジ*1の低下が大きかった企業は、投資を相対的に増やした。集計ベースでは、企業の総有形資産投資は11%増えた、というのがこの分野の研究の大まかなコンセンサスである、ということを我々は示す。第三に、法人税条項による経済成長と賃金の押し上げは法案の推進者が宣伝したよりも小さく、長期のGDPの押し上げは1%以下で、雇用者1人当たりの労働所得の押し上げは1000ドル以下だった。第四に、米国に本社を置く多国籍企業による海外投資を増やした条項は、それら企業の国内事業も押し上げた。第五に、加速償却のように期限切れとなった、および期限が近付いている条項の幾つかは、他の条項よりも1ドル当たりで多くの投資をもたらした。

この著者たちはグローバル経済における税政策と投資 - himaginary’s diaryで紹介した論文でもトランプ減税を分析しており、今回の論文もそのモデルによる分析を参照している。

*1:本文では「the ratio of the price of capital net of the cost-of-capital subsidy to the net-of-corporate-tax rate—that is, (1-Γ)/(1-τ)」と説明されている。ここでτは新規投資から得られる所得への限界税率で、資本ストックKを持つ企業の税引き前利益はF(K)、税引き後利益は(1-τ)F(K)となる(下図の青線)。Γは資本費用補助金で、減価償却控除ならびにあらゆる投資税額控除の現在価値を織り込んだものとなる。具体的には、投資刺激策によって資本の実効取得費用が減少する割合であり、投資税額控除が無い場合、新規投資への所得税率τと減価償却控除の割引現在価値の積となる。企業が資本ストックを維持するためには資本の使用者費用(ユーザーコスト)を支払う必要があるが、単位当たりの資本の使用者費用は(1-Γ)Rとして表される(下図の赤点線の傾き)。ここで資本の使用者費用は、資本を一単位購入し、ある期間使用し、(償却していない)残存資本を次期に売却する費用、と解釈される。企業は青線と赤線の差が最大になる資本K*を選択する。
トランプ減税によるτとΓの低下について論文では以前の自分たちの研究から以下の図の結果を引いており、(1-Γ)/(1-τ)の低下幅を4.5%ポイントと見積もっている。一方、バロー=ファーマン(Barro and Furman (2018) )は10%ポイントと見積もったとの由(cf. トランプ減税は向こう2年の成長率を各年1.1%ポイント引き上げる - himaginary’s diary。ちなみにトランプ減税と経済学界 - himaginary’s diaryで紹介したように、その前年のトランプ減税の効果を巡る議論ではバローとファーマンは議論の対手としてやり合っている)。

インフレ抑制を成功させるための歴史の教訓

というNBER論文をローマー夫妻が上げている。原題は「Lessons from History for Successful Disinflation」で、著者はChristina D. Romer、David H. Romer(いずれもUCバークレー)。
以下はその要旨。

Why do some attempts at disinflation lead to substantial reductions in inflation while others do not? We investigate this question in the context of the Federal Reserve’s attempts at disinflation since World War II. Our central finding is that a fundamental determinant of success in reducing inflation was the strength of the Federal Reserve’s commitment to disinflation at the start of its attempts. In episodes where its commitment was high, there were significant declines in inflation that were often long-lasting, while in ones where its commitment was low, falls in inflation were at most small and short-lived. We find that although the extent of the Federal Reserve’s commitment was often clear to the public, there is no evidence that stronger commitment to disinflation directly affected expected inflation. Rather, the main channel through which weak commitment led to unsuccessful disinflation was premature abandonment of the disinflationary policy. We conclude by discussing the implications for the Federal Reserve’s current effort at disinflation.
(拙訳)
インフレ抑制の試みにおいて、インフレの顕著な低下に成功するものと、そうでないものがあるのはなぜか? 我々は、第二次世界大戦以降のFRBのインフレ抑制の試みについて、この問題を調べた。我々の主要な発見は、インフレ低下を成功させる基本的要因は、取り組み当初のFRBのインフレ抑制のコミットメント、ということである。コミットメントが強い事例では、インフレが有意に低下し、それが長続きすることが多かった。一方、コミットメントが弱いと、インフレ低下はせいぜい小幅で、短命であった。FRBのコミットメントの程度は一般の人々にとって明らかな場合が多かったが、強いコミットメントが予想インフレに直接に影響した証拠は無かった。一方、弱いコミットメントがインフレ抑制の失敗につながる主要な経路は、インフレ抑制政策の早過ぎる放棄であった。最後に我々は、現在のFRBのインフレ抑制の努力にとっての意味合いを論じる。

エドワード・コナードのまとめによると、9つの試みにおいて、開始当初に強いコミットメントを掲げて生産の低下を甘受する覚悟で実施した引き締めでは、5年で3%ポイントの低下を達成した半面、非常に弱いコミットメントでは、5年で1/2%ポイントに留まったという。コミットメントの分類は、政策担当者が、幾つかの問題について政策議事録ならびに講演や証言で述べたことを基に行ったとの由。その問題には、どの程度の生産の損失を受け入れるか、も含めたという。
コミットメントが強かったインフレ抑制は1958、1979、1981年の事例で、コミットメントが弱かったのは1968、1974、1978年の事例とのことである。1981年の場合は、1980年春にインフレ抑制策を緩めたのは過ちだったと考え、大幅な生産の損失を覚悟することで最終的な成功に導いたという。1978年の場合は、生産成長の小幅な鈍化しか受け入れず、金融政策だけではインフレを低下できない、と考えていたという。
以下は同まとめからのグラフの孫引き。

ソブリン債のグリーンボンド:サステナブル債券市場の発展の触媒となるか?

というBIS論文をMostly Economicsが紹介している。原題は「Sovereign green bonds: a catalyst for sustainable debt market development?」で、著者はGong Cheng、Torsten Ehlers、Frank Packer、Yanzhe Xiao(XiaoはIMF、他はBIS、ただしChengは論文執筆後に離職)。
以下はその要旨。

In traditional bond markets, sovereign bonds provide benchmarks and serve as catalysts for corporate bond market development. Contrary to the usual sequence of bond market development, sovereign issuers are latecomers to sustainable bond markets. Yet, our empirical study finds that sovereign green bond issuance can have quantitative and qualitative benefits for the development of private sustainable bond markets. Our results suggest that both the number and the size of corporate green bond issuance increase more in a jurisdiction after the sovereign debut. The results are more pronounced in countries with stronger climate policies. Sovereign green bond issuance also improves the quality of green verification standards in the corporate bond market more generally, consistent with the aim of fostering third-party reviews and promoting best practice in green reporting and verification. Finally, our work provides evidence that the sovereign debut increases liquidity and diminishes yield spreads of corporate green bonds in the same jurisdiction.
(拙訳)
従来の債券市場では、ソブリン債ベンチマークを提供し、また、社債市場の発展の触媒として機能している。債券市場発展の通常の順番とは逆に、サステナブル債券市場ではソブリン債の発行者の参入は遅れた。しかし、我々の実証研究が見い出したところによれば、ソブリン債のグリーンボンドの発行は、民間のサステナブル債券市場の発展に定量的・定性的な便益をもたらす。我々の結果は、ソブリン債のグリーンボンドの登場後は、その管轄区の社債のグリーンボンドの発行数と発行額の双方がさらに増加することを示している。この結果は、気候変動対策がより強力な国で一層顕著となる。ソブリン債のグリーンボンドの発行はまた、全般的に、社債市場のグリーン認定基準の質を改善するが、これは第三者審査を育成し、グリーン関連の報告書と認定のベストプラクティスを促すという目的に沿っている。そのほか、我々の研究は、ソブリン債のグリーンボンドの登場がその管轄区の社債のグリーンボンドの流動性を高め、イールドスプレッドを縮小させるという実証結果を提示している。

以下は研究に用いたソブリン債のサンプル。

GX債は「トランジションボンド」に、認証取得へ検討加速-政府方針 - BloombergによるとG7でグリーン国債を発行していないのは日米だけで、GX債、熱狂なき滑り出し 緑のプレミアムは期待届かず - 日本経済新聞によると今年2月14日に初入札された「GX(グリーントランスフォーメーション)経済移行債」もグリーン国債には分類されないようである。

ドナルド・トランプの言葉

というNBER論文が上がっている。原題は「Donald Trump's words」で、著者はNikita Savin(UCLA)、Daniel Treisman(同)。
以下はその要旨。

Donald Trump’s campaign speeches have impressed some and outraged others. Yet relatively little is known about how his rhetoric has changed over time and how it compares to that of other politicians, both in the US and abroad. We analyze a monthly series of Trump’s public addresses in 2015-24, comparing them to speeches by other U.S. presidential candidates and various world leaders, past and present. We find that Trump’s use of violent vocabulary has increased over time—reflecting increasing attention to wars but even more to crime—and now surpasses that of all other democratic politicians we studied. Simultaneously, Trump’s use of words related to economic performance has declined, matching a general trend among presidential candidates. Finally, although containing populist elements, Trump’s rhetoric diverges from the populist stereotype in notable ways, particularly in his relatively infrequent references to “the people.” He increasingly exemplifies a negative populism, concentrated on denigrating out-groups.
(拙訳)
ドナルド・トランプの選挙演説は、ある人には感銘を与え、ある人は憤慨させる。しかし、彼の言葉遣いが時間とともにどのように変化してきたか、および、他の内外の政治家と比べてどうか、という点についてはあまり知られていない。我々は、2015-24年のトランプの公けの演説の月次系列を分析し、過去ならびに現在の他の米大統領候補および様々な世界の指導者の演説と比較した。トランプの暴力的な言葉が時間とともに増えたことを我々は見い出した。それは戦争への注目が増えたことを反映しているが、それよりも一層、犯罪への注目の増加を反映していた。今や彼のそうした言葉は、我々が調べた他の民主党政治家すべてよりも多かった。同時に、経済動向に関連する言葉の使用は減少した。これは、大統領候補の一般的な傾向に沿っていた。また、トランプの言葉遣いはポピュリスト的な要素を含んではいるものの、顕著な点でポピュリストのステレオタイプから外れていた。特に、「人々」への言及が相対的に少ない点でそうであった。外集団を中傷することに焦点を合わせることで、彼はますますネガティブなポピュリズムの事例となっている。

暗殺未遂の銃弾をかいくぐったトランプの言葉の傾向がこれから変わるのか、それとも変わらないのか、興味が持たれるところではある。

トランプ有利という潮目の変化をもたらした19の要因

をタイラー・コーエンが挙げている。以下はその概略。

  1. トランプとそのチームは今や我々がソーシャルメディアの世界に住んでいることを理解していた。民主党エスタブリッシュメントでそれを理解している人は一部に限られた。
  2. 「トランプ主義」の右派は、少なくともここ5年は、進歩派の左派よりも知的に活発だった。議論を通じてクリエイティブになった。ただし、クリエイティブ=正しい、では必ずしもない。
  3. 米国の産業空洞化の影響は当初思われていたより大きく、かつ世論への影響は尾を引いた。
  4. トランプ主義とMAGAのメッセージは、近年においてはネガティブなムードほど広まりやすい、という法則*1に当てはまった。
  5. 黒人の地位向上で人気を博す、という賭けに民主党は出たが、結果はそれほど芳しくなかった。その理由は、レイシストや、自分のことで手一杯の移民、および、そもそものメッセージの不人気にあった。
  6. 社会のフェミニズム化の進展は、黒人やラテン系を含め、多くの男性を共和党側に追いやった。民主党は未婚女性の党になり過ぎた。
  7. オバマ政権は、知的階級によって統治される、という現実と感覚をもたらしたが、人々はそれを気に入らなかった。
  8. 民主党員や左派は実際のところ、平均すると、保守派ほど人として楽しい人たちではない。米国人は無意識にせよ、そのことに気づいた。
  9. 民主党員の徹底した平等主義のメッセージは、不人気で、かつ、そのメッセンジャーは、自分たちはお前たちよりも優れている、という雰囲気を纏っていた。米国人は無意識にせよ、そのことに気づいた。
  10. ウォーク(意識高い系)の戦略は大いに不人気だった。
  11. トランスジェンダーの支援は民主党員にとって最優先の課題では無かったが、放棄することもできなかった。
  12. 国境における移民の問題は手に負えなくなり、トランプは選挙活動の当初からそれを主要な問題として提起した。コーエン自身は移民に賛成の立場だが、それでもこう書かざるを得ない。移民懐疑派の意見は推して知るべし。
  13. 教育程度が高い人々は昔から民主党の牙城であり、今もそうだが、ここ数年でその権威と信認は地に落ちた。
  14. 巨大IT企業を標的にしたことは民主党の大いなる過ちだった。票よりも、むしろ資金と社会資本の代償が大きかった。トランプの2016年の勝利で巨大IT企業(とりわけフェイスブック)はスケープゴートとなったが、結果として民主党はむしろ自分たちエリートの基盤を切り崩した。
  15. アフガニスタンウクライナイスラエルの出来事は民主党の助けとならず、インフレは高騰し、実質借入金利は急上昇した。これらはバイデンのせいではないかもしれず、トランプならもっと上手くやれたわけでもないかもしれないが、とにかく実際に起きたことである。暗号資産は攻撃の的となり、コロナ禍は――特に長引いた学校閉鎖のせいで――民主党に不利に働いた。それ以外にも、「警察予算を打ち切れ」というスローガン*2や、左派で繰り返される反ユダヤ主義の台頭など、数多くの問題がある。
  16. 民主党は自分で自分の人気を落とすようなことをしており、かつ、そのことに向き合おうとしない。自らのメッセージが、それに向き合うことを難しくしている。何となれば、自分たちはより優れた人々のはずだからである。
  17. トランプは面白い。
  18. トランプは勝者のように振る舞う。米国人はそれが好きであり、暗殺未遂事件への彼の対応はそのことを改めて痛感させた。
  19. バイデンの最近の問題、および、バイデンと彼のチームは、少なくともトランプと同程度の詐欺を働いているのではないか、という認識。これは年齢と認知だけではなく、信頼の問題となっている。

このコーエンの指摘は、日本でも最近の都知事選の後にSNS上で浮き彫りになった分断をもたらした要因としてそのまま当てはまるものが少なからずあるように思われる。