米雇用者のコロナワクチン義務化の便益と費用

8/10エントリで紹介したのと同様にワクチン接種の効果を調べた表題のNBER論文が上がっている。原題は「The Benefits and Costs of U.S. Employer COVID-19 Vaccine Mandates」で、著者はMaddalena Ferranna、Lisa A. Robinson、Daniel Cadarette、Michael Eber、David E. Bloom(いずれもハーバード大)。
以下はその要旨。

In 2021, the Biden Administration issued mandates requiring COVID-19 vaccinations for U.S. federal employees and contractors and for some healthcare and private sector workers. Although these mandates have been subject to legal challenges and some have been halted or delayed, rigorous appraisal of their benefits and costs accompanied neither the decision to implement them nor the efforts to terminate them. This paper aims to help fill that gap. We estimate the direct costs and health-related benefits that would have accrued if these vaccination requirements had been implemented as intended. Compared with the vaccination rates observed in January 2022, we find that the mandates could have led to 15 million additional vaccinated individuals, increasing the overall proportion of the fully vaccinated U.S. population to 68%. The associated net benefits depend on the evolution of the pandemic from the time of mandate enactment—information unavailable ex ante to analysts or policymakers. In scenarios involving the emergence of a novel, more transmissible variant, against which vaccination and previous infection offer moderate protection, the estimated net benefits reach more than $16,000 per additional vaccinated individual, with more than 20,000 total deaths averted in total. In scenarios involving a fading pandemic, existing vaccination-acquired or infection-acquired immunity provides sufficient protection, and the mandates’ benefits are unlikely to exceed their costs. Thus, mandates may be most useful when the consequences of inaction are catastrophic. However, we do not compare the effects of mandates with alternative policies for increasing vaccination rates or promoting other protective measures, which may receive stronger public support and be less likely to be overturned by litigation.
(拙訳)
2021年にバイデン政権は、米連邦政府の職員と受託業者、および医療と民間部門の労働者の一部に対し、コロナワクチンの接種を義務付ける指示を出した。その指示は法的な異議申し立ての対象となり、一部が停止ないし遅延したが、その実施の決定ならびに打ち切りの動きのいずれに際しても、厳密な費用便益の評価は行われなかった。本稿はそのギャップを埋めることを目的としている。我々は、目論見通りにワクチン接種の要求が実施されていた場合に生じていたであろう直接的な費用と医療関係の便益を推計した。2022年1月に実際に観測されたワクチン接種率に比べ、指示によってワクチン接種者は1500万人追加的に増え、ワクチン接種を完全に受けた人が全米の総人口に占める割合は68%にまで上昇していたであろうことを我々は見い出した。それに伴う純便益は、指示が実施された時点以降のコロナ禍の推移次第となるが、その推移の情報は事前には分析者や政策担当者には利用不可能である。新たなより感染力の高い変異株が出現し、ワクチン接種と感染歴がそれに対して緩やかな予防効果を発揮するシナリオでは、純便益は追加的なワクチン接種者一人当たり16,000ドル以上に達し、全体で20,000人以上の死者が回避されたと推計される。コロナ禍が消えゆくシナリオでは、ワクチンもしくは感染によって獲得された既存の免疫が十分な予防を提供し、指示の便益が費用を上回る可能性は低い。従って、指示が最も有用であるのは、不作為の帰結が破滅的な場合である。ただし、我々は指示の効果を、一般の人々からより強く支持され、訴訟によって引っ繰り返される可能性が低い、ワクチン接種率を上昇させたり他の予防手段を促進したりする代替的な政策とは比較していない。

無形資本と現代経済

というJournal of Economic Perspectives論文をMostly Economicsが紹介している。原題は「Intangible Capital and Modern Economies」で、著者はCarol Corrado(コンファレンスボード)、Jonathan Haskel(インペリアル・カレッジ・ビジネス・スクール)、Cecilia Jona-Lasinio(イタリア国立統計研究所)、Massimiliano Iommi(同)。
以下はその要旨。

The production of goods and services is central to understanding economies. The textbook description of a firm, typically in agriculture or manufacturing, focuses on its physical "tangible" capital (machines), labor (workers), and the state of "know-how." Yet real-world firms, such as Apple, Microsoft, and Google, have almost no physical capital. Instead, their main capital assets are "intangible": software, data, design, reputation, supply-chain expertise, and R&D. We discuss investment in these knowledge-based types of capital: How to measure it; how it affects macroeconomic data on investment, rates of return, and GDP; and how it relates to growth theory and practical growth accounting. We present estimates of productivity in the US and European economies in recent decades including intangibles and discuss why, despite relatively rapid growth in intangible capital and what seems to be a modern technological revolution, productivity growth has slowed since the global financial crisis.
(拙訳)
財とサービスの生産は経済を理解する上で中心的な位置を占める。教科書で説明される企業は、農業や製造業が典型であるが、その物理的な「有形」資本(機械)、労働(労働者)、および「ノウハウ」の状況に焦点を当てる。しかしアップル、マイクロソフト、およびグーグルのような現実世界の会社は、物理的な資本をほぼ保有していない。彼らの主要な固定資産は「無形」である。ソフトウエア、データ、デザイン、評判、サプライチェーンの専門的知識、および研究開発である。我々は、こうした知識ベースのタイプの資本への投資について論じる。その計測方法、マクロ経済の投資データ、収益率、およびGDPへの影響、成長理論と実際の成長会計との関係、についてである。我々は、ここ数十年の無形資産を含んだ米欧経済での生産性の推計を提示し、無形資産が比較的急速に伸びて現代の技術革命と思しきものが生じたにもかかわらず生産性の成長が世界金融危機以降に鈍化した理由を論じる。

最後の点について著者たちは、非競合性が特徴のはずの無形資本において、企業における秘匿性が高く複製等による波及効果が見込めない資本(特にデータ資本)の割合が大きくなったことを原因の候補として挙げている。

回顧:金融政策のルール対裁量の議論の発展について

というJournal of Economic Perspectives論文をMostly Economicsが紹介している。原題は「Retrospectives: On the Evolution of the Rules versus Discretion Debate in Monetary Policy」で、著者はHarris Dellas(ベルン大)、George S. Tavlas(ギリシャ銀行)。
以下はその要旨。

Episodes of macroeconomic upheaval associated with monetary policy failure have provided the stage for important debates on rules versus discretion. We discuss the main features, results, commonalities, and differences in the debates that emerged after three such episodes. The modern debate was born during the Great Inflation of the 1970s and focused on both rules versus discretion and the properties of alternative rules. The middle debate originated with Henry Simons and the Chicago School during the Great Depression in the 1930s and focuses on policy uncertainty. The earliest systematic debate involved the Currency and Banking Schools in Britain in the 1820s, but, in spite the views of many of its participants and doctrinal historians, it seems to have primarily been about the degree of activism under a single rule—that of the gold standard.
(拙訳)
金融政策の失敗に伴うマクロ経済の変動という出来事は、ルール対裁量に関する重要な議論の舞台を提供してきた。我々は、3つのそうした出来事の後に生じた議論の主要な特徴、結果、共通点ならびに違いを論じる。現代の議論は1970年代の大インフレ期に生じ、ルール対裁量、および代替ルールの特性の両方に焦点を当てた。中間期の議論は1930年代の大恐慌期にヘンリー・サイモンズとシカゴ学派が開始し、政策の不確実性に焦点を当てた。最も初期の体系的な議論は1820年代の英国の通貨学派と銀行学派が関与したが、参加者や教義についての歴史家の見解にもかかわらず、主に金本位制という単一のルール下での能動性の程度についてのものだったように思われる。

最後の点について本文では以下のように記述している。

We believe that the ideas of “rules” and discretion used by participants in the Currency School versus Banking School debate do not correspond to their modern usage. After all, both groups favored a rule—the gold standard rule. In fact, there was no opportunistic, activist use of monetary policy preceding or during these debates. Their disagreement was about the best rule for ensuring balance-of-payments adjustment under the gold standard, and in particular, about the use of policy instruments to react to exceptional circumstances—that is, to excessive gold flows. Neither side recognized the possibility that monetary policy could be formulated on the basis of an activist rule that is both systematic and predictable. From a modern perspective, an increase in the discount rate to stem gold outflows once reserves have fallen to a certain level, as under the Banking School framework, does not constitute a “discretionary regime” any more than does a hike in the interest rate in response to a rise in inflation under the Taylor rule.
・・・
We conjecture that extensive usage of the terms “rules” and “discretion” by participants in the Currency-Banking School debate has misled some modern historians into taking these terms at face value, rather than recognizing that an activist but well-defined rule is not synonymous with a policy discretion.
(拙訳)
通貨学派対銀行学派の議論の論者が用いた「ルール」と裁量の考え方は、現代の用法とは一致しない、と我々は考える。結局のところ、両グループともに金本位制というルールを選好した。実際、機会主義的で能動的な金融政策の使用は、これらの議論の前にも最中にも存在しなかった。彼らの意見の不一致は、金本位制下で国際収支の調整を保証する最善のルールについてであり、とりわけ、例外的な状況――即ち、金の過剰な移動――への対応に用いる政策ツールについてであった。どちらの陣営も、体系的かつ予測可能な能動的なルールで金融政策を策定できる可能性は認識していなかった。現代の観点からすれば、銀行学派の枠組みのように、金の流出を防ぐために準備がある水準まで減少したら割引率を引き上げることは、テイラールール下でのインフレ上昇に対応した金利引き上げと同様、「裁量的なレジーム」を構成するものではない。
・・・
通貨学派対銀行学派の議論の論者が「ルール」と「裁量」という言葉を多用したことが、一部の現代の歴史家がそれらの言葉を誤って額面通りに受け止め、能動的だがきちんと定義されたルールは政策の裁量と同義ではない、ということを認識し損ねることにつながった、と我々は推測する。

以下は論文の結論部。

This paper has provided a discussion of the evolution (in reverse timeline) of the rules versus discretion debate in monetary policy. All three of the major debates discussed here were initiated in periods of macroeconomic malfeasance and significant monetary policy failures. All leaned strongly, or were decided in favor of, rules. All emphasize the crucial role played by the successful management of expectations for the superiority of rules. And all were cognizant of the fact that a high degree of
activism in a rule may create room for discretion—and may even prove counterproductive if it carries excessive informational requirements for the policymakers. In contrast to the two earlier debates, the modern literature seems to have faith in the
performance of relatively complex and activist rules—perhaps reflecting the confidence of macroeconomists about their understanding of the economy and their ability to manage the business cycle.
(拙訳)
本稿では、金融政策におけるルール対裁量の議論の展開を(時系列と逆順に)論じてきた。ここで論じた3つの主要な議論はすべて、マクロ経済が不調に陥り、金融政策に顕著な失敗があった時期に始まった。すべての議論はルールを支持する方向に大きく傾いたか、もしくは結論付けられた。すべての議論は、ルールが優位である上において予想を上手に管理することが果たす決定的な役割を強調した。すべての議論はまた、ルールにおける能動性の程度が大きいと、裁量の余地を生み出しかねない――しかもその際に政策担当者の有するべき情報への要求が過剰である場合には逆効果をもたらしかねない――という事実を認識していた。最初の2つの議論と対照的に、現代の研究は比較的複雑で能動的なルールのパフォーマンスに信を置いているように思われるが、これはおそらく、マクロ経済学者が経済に対する理解と景気循環を制御する能力に自信を持っていることを反映している。

ワクチン義務化が感染拡大に与える影響:カレッジのコロナワクチン義務化の実証結果

というNBER論文が上がっている。原題は「The Effect of Vaccine Mandates on Disease Spread: Evidence from College COVID-19 Mandates」で、著者はRiley K. Acton(マイアミ大)、Wenjia Caoミシガン州立大)、Emily E. Cook(テュレーン大)、Scott A. Imberman(ミシガン州立大)、Michael F. Lovenheim(コーネル大)。
以下はその要旨。

Since the spring of 2021, nearly 700 colleges and universities in the U.S. have mandated that their students become vaccinated against the COVID-19 virus. We leverage rich data on colleges’ vaccination policies and semester start dates, along with a variety of county-level public health outcomes, to provide the first estimates of the effects of these mandates on the communities surrounding four-year, residential colleges. In event study specifications, we find that, over the first 13 weeks of the fall 2021 semester, college vaccine mandates reduced new COVID-19 cases by 339 per 100,000 county residents and new deaths by 5.4 per 100,000 residents, with an estimated value of lives saved between $9.7 million and $27.4 million per 100,000 residents. These figures suggest that the mandates reduced total US COVID-19 deaths in autumn 2021 by approximately 5%.
(拙訳)
2021年春以降、米国の700近いカレッジと大学が、自校の学生にコロナウイルスに対するワクチン接種を義務付けた。我々は、カレッジのワクチンの方針と学期の開始日、および郡レベルの公衆衛生の各種状況に関する豊富なデータを利用し、そうした義務付けが4年制かつ全寮制のカレッジの周囲の地域社会に与えた影響について、初めての推計を提示する。イベントスタディの手法により我々は、2021年秋学期の最初の13週で、カレッジによるワクチン義務化によりコロナの新規感染者が郡居住者10万人当たり339人、新規死亡者が居住者10万人当たり5.4人減少し、救われた生命の価値が居住者10万人当たり970万ドルから2740万ドルの間と推計されることを見い出した。以上の数字は、義務化によって2021年秋の全米のコロナ死がおよそ5%減少したことを示唆している。

金融政策運用システムの国際的観点

という豪州準備銀行論文をMostly Economicsが紹介している。原題は「An International Perspective on Monetary Policy Implementation Systems」で、著者は同行のNick Baker、Sally Rafter。
以下はその要旨。

In response to the COVID-19 pandemic and building on policies introduced during the global financial crisis, central banks in advanced economies deployed balance sheet policies to support their economies and address disruptions to the smooth functioning of financial markets. The introduction of these policies has changed how most of these central banks implement their primary policy tool – the policy rate. This article describes how many central banks transitioned from a corridor system of monetary policy implementation to a de facto floor system. It also details the range of implications of choosing a floor system. While this transition may prove to be temporary for some central banks, others have signalled that they expect to retain a floor system in the long term.
(拙訳)
コロナ禍への対応として、世界金融危機時に導入された政策を踏まえて先進国の中銀は、自国経済を支え、金融市場の円滑な機能を妨げる問題に対処するために、バランスシート政策を実施した。そうした政策の導入は、大半の中銀において、政策の主要ツールである政策金利の操作方法に変化をもたらした。本稿は、金融政策実施のコリドーシステムから事実上のフロアシステムに如何に多くの中銀が移行したかを説明する。また、フロアシステムの選択が意味する様々なことを詳述する。一部の中銀にとってはこの移行は一時的なものとなるかもしれないが、それ以外の中銀は、長期に亘ってフロアシステムを維持することを予期している、というシグナルを発した。

ベバリッジ曲線論争

ブルームバーグなどで報道されている通り、米経済の軟着陸論を巡ってFRBとブランシャール=サマーズらが論戦を交わしている。きっかけとなったのは、Olivier Blanchard(PIIE)、Alex Domash(ハーバード大)、Lawrence H. Summers(同)による「Bad news for the Fed from the Beveridge space」というPIIE論文で、ベバリッジ曲線を用いた分析から、失業率の大幅な上昇は避け難い、と論じた。これに反論したのがFRBのクリス・ウォラー理事で、「What does the Beveridge curve tell us about the likelihood of a soft landing?」というAndrew FiguraとChris Wallerの共著論文により、同じくベバリッジ曲線を用いた分析で軟着陸は可能、と主張した。これにBlanchard=Domash=Summersが「The Fed is wrong: Lower inflation is unlikely without raising unemployment」という小論で再反論した、というのが現在までの構図となっている。

両者の主張の違いを端的にまとめると、欠員率の高さをどう評価するか、という点に集約される。FRBは、欠員率が高いことから、ベバリッジ曲線の左側のV-U比率が高いところに経済は位置しているのであり、失業率を大幅に増やすことなく欠員率を下げていくことが可能、と論じている(下図はFRB論文の図2)。

これに対しブランシャールらは、FRBの主張は理論上の話に終始しているが、実証的に見ると、過去に如何なる点から始まった場合も失業率は大幅に増加しており、今回が例外である理由はない、と論じている(下図は再反論論文の図)*1


ちなみに、ベバリッジ曲線の関数形についても両者は火花を散らしている。FRB論文では、Uを失業率、sを離職率、fを就職率として、
 ΔU=E∗s−U∗f
という式でΔUをゼロと置いた均衡分析からベバリッジ曲線を導出している。その上で、ブランシャールらは離職率を考慮していないため、企業や産業を跨いだ労働力の再配分の強化(その過程でsが増加する)とマッチングの効率化(マッチング関数H=M(V,U)=μVσU1−σにおいてパラメータμが増加する)が区別できない、と批判している。
これに対しブランシャールらは、自分たちは就職率を労働力人口に対する比率で定義しており、均衡ではそれは離職率と等しくなるので、余計な記号が無いに過ぎない、と反論している。そして返す刀で、FRB論文は世界金融危機の時に離職率が50%増加したと想定してシミュレーションのパラメータを設定しているようだが、実際には解雇の増加以上に辞める人が減ったために2007-2009年に離職率は22%減少したのだ、と指摘している*2

*1:[2022/8/11追記]最初の論文で著者たちは、今回も同様に失業率が増加する根拠として、マッチングの困難化により自然失業率が上昇したであろうことを指摘している。

*2:cf. FREDデータFRB論文はあるいは製造業のデータを見ていたのかもしれない。

選択の単純な検証:操作変数からのさらなる学習

というNBER論文が上がっているLabour Economics掲載版2015年時点のWP)。原題は「Simple Tests for Selection: Learning More from Instrumental Variables」で、著者はDan A. Black(シカゴ大)、Joonhwi Joo(テキサス大学ダラス校)、Robert LaLonde(シカゴ大、故人)、Jeffrey A. Smith(ウィスコンシン大学マディソン校)、Evan J. Taylor(アリゾナ大)。
以下はその要旨。

We provide simple tests for selection on unobserved variables in the Vytlacil-Imbens-Angrist framework for Local Average Treatment Effects (LATEs). Our setup allows researchers not only to test for selection on either or both of the treated and untreated outcomes, but also to assess the magnitude of the selection effect. We show that it applies to the standard binary instrument case, as well as to experiments with imperfect compliance and fuzzy regression discontinuity designs, and we link it to broader discussions regarding instrumental variables. We illustrate the substantive value added by our framework with three empirical applications drawn from the literature.
(拙訳)
局所的平均処置効果(LATEs*1)におけるヴィトラシル=インベンス=アングリストの枠組みで、観測されない変数の選択についての簡単な検証を我々は提示する。我々の設定では、処置された結果と処置されない結果のいずれかもしくは両方の選択について研究者が検証できるのみならず、選択効果の大きさも評価できる。我々はそれが標準的な二値操作変数のケース、および操作変数に応じて処置を受けるのが不完全な実験と曖昧な回帰不連続設計に適用できることを示し、操作変数に関するより広範な議論とも関連付ける。この研究分野の3つの実証的な適用例で、我々の枠組みによる顕著な付加価値を説明する。

*1:cf. ここ