401(k)プランにおける投信のレベニューシェア

というNBER論文が上がっているungated(SSRN)版)。原題は「Mutual Fund Revenue Sharing in 401(k) Plans」で、著者はVeronika K. Pool(ヴァンダービルト大)、Clemens Sialm(テキサス大学オースティン校)、Irina Stefanescu(FRB)。
以下はその要旨。

Recordkeepers in DC pension plans are often paid indirectly in the form of revenue sharing from third-party funds on the menu. We show that these arrangements affect the investment menu of 401(k) plans. Revenue-sharing funds are more likely to be added to the menu and are less likely to be deleted. Overall, revenue-sharing plans are more expensive as higher expense ratios are not offset by lower direct fees or by superior performance. Rebates increase with the market power of the recordkeeper suggesting that third-party funds may revenue share to gain access to retirement assets.
(拙訳)
確定拠出型年金プランのレコードキーパー*1は、メニュー上のサードパーティーのファンドからレベニューシェアという形で間接的に支払いを受ける。我々は、この仕組みが401(k)プランの投資メニューに影響していることを示す。レベニューシェアを行っているファンドはメニューに追加されやすく、削除されにくい。全体的に、レベニューシェアを行うプランは、高い経費率が低い直接手数料や優れたパフォーマンスで相殺されないため、より高くつく。レコードキーパーの市場支配力が高いほどリベートは増えるが、そのことはサードパーティーのファンドが年金資産へのアクセスを得るためにレベニューシェアを行っている可能性を示唆している。

新古典派メカニズムが不在の時に戦争は協力を促さない! トルコの徴集兵の自然実験による実証結果

というNBER論文が上がっている。原題は「War Does not Foster Cooperation when Neoclassical Mechanisms are Absent! Evidence from a Natural Experiment among Turkish Conscripts」で、著者はArzu Kibris(ウォーリック大)、Resul Cesur(コネチカット大)。
以下はその要旨。

Exploiting a natural experiment and an innovative survey design, we study the social and political legacies of armed conflict exposure (ACE) among Turkish conscripts. Our empirical framework identifies the causal impact and the mediating pathways for the average male randomly picked from the population. Contrary to the arguments that ACE fosters prosociality and posttraumatic growth, we find little evidence that ACE promotes cooperative behaviors. As the study design eliminates the need for social insurance, security concerns, and community-level paradigm shifts, and our analysis rules out labor market outcomes from the list of the usual suspects, we conclude that violence exposure may not be sufficient to foster prosociality in the absence of favorable neoclassical mediating pathways boosting demand for cooperation. Moreover, we show that intense ACE increases opposition to peaceful means of conflict resolution and animosity towards minorities and promotes the tendency to support right-wing political parties. Auxiliary analysis nominates war-driven grievances and the normalization of violence in everyday life as the likely explanations. These findings are consistent with (i) evolutionary theories linking war exposure to out-group derogation and adherence to local social norms and (ii) the arguments that war-driven grievances may lead to the perpetuation of violence.
(拙訳)
自然実験と革新的な調査設計を利用して我々は、トルコの徴集兵に戦闘体験が残す社会的および政治的な影響を調べた。我々の実証的枠組みは、ランダムに徴集された平均的な男性における因果効果と媒介経路を識別する。戦闘体験が向社会性と心的外傷後成長をもたらすという議論に反し、我々は戦闘体験が協力行動を促進するという実証結果をほぼ見い出さなかった。研究設計によって社会保障の必要性、安全面の懸念、および共同体レベルのパラダイムシフトは取り除かれており、我々の分析によって労働市場における状況が原因候補から外されているため、協力の必要性を高めるような好ましい新古典派的な媒介経路が無い場合、暴力体験だけでは向社会性をもたらすのに十分ではない、と我々は結論する。また、強烈な戦闘体験は、平和的な紛争解決手段への反対と少数派への敵意を高め、右派政党への支持傾向を促進する、ということを我々は示す。補助的な分析によれば、戦争に起因する不満と日常生活における暴力の常態化が、その有力な説明候補となる。以上の結果は、(i) 戦争体験を余所者の敵視*1ならびに地域社会の規範への固執に結び付ける進化理論、および、(ii) 戦争に起因する不満が暴力の永続化につながるという議論、と整合的である。

教師の授業時間の使い方と生徒の成績

というNBER論文が上がっているungated版)。原題は「Teachers’ Use of Class Time and Student Achievement」で、著者はSimon M. Burgess(ブリストル大)、Shenila Rawal(Oxford Partnership for Education Research & Analysis (OPERA))、Eric S. Taylor(ハーバード大)。
以下はその要旨。

We study teachers’ choices about how to allocate class time across different instructional activities, for example, lecturing, open discussion, or individual practice. Our data come from secondary schools in England, specifically classes preceding GCSE exams. Students score higher in math when their teacher devotes more class time to individual practice and assessment. In contrast, students score higher in English if there is more discussion and work with classmates. Class time allocation predicts test scores separate from the quality of the teacher’s instruction during the activities. These results suggest opportunities to improve student achievement without changes in teachers’ skills.
(拙訳)
我々は、講義、公開討論、自学自習といった異なる教育活動に教師が授業時間をどのように割り当てるかの選択について調べた。我々のデータはイングランドの中学校のもので、具体的にはGCSE*1試験前の授業のものであった。教師が授業時間を自学自習と評価に多く割いた場合には、生徒は数学で高得点を取った。一方、討論ならびに級友との共同作業が多い場合には、生徒は英語で高得点を取った。授業時間の割り当ては、教育活動における教師の指導の質とは別個に、試験の点数を予測した。以上の結果は、教師の技能の変化なしに生徒の成績を改善する機会を示唆している。

一般の人々のインフレヘッジ? 個人向けTIPSファンドの資金フローによる実証結果

というNBER論文が上がっているungated版)。原題は「Inflation Hedging on Main Street? Evidence from Retail TIPS Fund Flows」で、著者はStefan Nagel(シカゴ大)、Zhen Yan(ミシガン大)。
以下はその要旨。

Households participating in financial markets pay attention to inflation news when making their investment decisions, even in an environment of mostly low and stable inflation. ETFs and open-ended mutual funds holding Treasury Inflation-Protected Securities (TIPS) receive inflows from retail investors, and nominal Treasury ETF experience outflows, when long-horizon market-based inflation expectations measures increase. Changes in household survey expectations or in measures of inflation uncertainty do not contribute much in explaining retail TIPS fund flows. Retail flows into TIPS funds are asymmetric, with strong reactions only to positive inflation news, and sticky, with flow responses to news gradually playing out over several months. Retail investors appear to pay some attention to regular Federal Reserve announcements, but major events such as the ``taper tantrum'' in May 2013, the presidential election in November 2016, and the COVID-19 crisis in March 2020 are associated with particularly large retail TIPS fund flows.
(拙訳)
金融市場に参加している家計は、概ね低水準で安定したインフレ環境においても、投資の意思決定を行う際にインフレのニュースに注意を払っている。長期の市場ベースのインフレ予想指標が上昇した時には、物価連動国債(TIPS)を保有しているETFとオープンエンド型投資信託には個人投資家から資金が流入し、名目国債ETFからは流出する。家計調査における予想やインフレ不確実性指標における変化は、個人向けTIPSファンドの資金フローを説明する上であまり寄与しない。TIPSファンドへの個人資金の流入は非対称的で、インフレ上昇のニュースにのみ強く反応し、また、ニュースへの資金フローの反応が数か月掛けて徐々に顕在化するという形で粘着的である。個人投資家FRBの定例声明に幾らかの注意を払うように見えるが、2013年5月の「テーパ―タントラム」や2016年11月の大統領選、および2020年3月のコロナ危機のような主要な出来事の際にはとりわけ大きな個人向けTIPSファンドの資金フローが生じる。

欧米の2022年の超過死亡は何で説明できるか?

超過死亡率の高さとその原因に関する議論が最近日本で話題になったが、海外の状況はどうなのかとぐぐってみたところ、Health Feedbackという組織*1の11/2付け(11/28更新)の表題の記事に行き当たった。原題は「What can explain the excess mortality in the U.S. and Europe in 2022?」で、著者はPablo Rougerie。以下はその結論部。

Understanding the excess mortality observed in 2022, especially during its second half, is challenging. This is because there can be multiple independent factors contributing to a higher mortality rate and they may contribute indirectly to the mortality in various ways. In addition, the phenomenon is still very recent at the time of writing and researchers are still in the process of collecting and analyzing mortality data from summer 2022.
However, based on the data we do have, we can already identify some likely contributing factors to this persistent excess mortality.
First, the virus SARS-CoV-2 is still circulating and epidemiological data show that COVID-19 deaths still represent a significant part of the excess mortality.
Second, the exceptional heat waves in July and August 2022 are likely to have increased the risk of death, as excess heat can lead to death directly or indirectly.
Third, the healthcare systems of many countries are still reeling from the COVID-19 pandemic. Many hospitals remain underfunded, underequipped, and understaffed, leading to suboptimal care for patients.
But one thing we do know isn’t contributing to excess mortality is COVID-19 vaccines, contrary to claims by some. As we demonstrated earlier, there’s no correlation between vaccination coverage and the amount of excess mortality, nor is excess mortality positively correlated with the deployment of public COVID-19 vaccination campaigns. Therefore, the evidence available contradicts this claim.
(拙訳)
2022年に観測された超過死亡を理解するのは、特に下半期については、困難である。というのは、高い死亡率に寄与している複数の独立した要因が存在している可能性があり、それらが様々な形で死亡率に間接的に寄与しているかもしれないからである。また、本稿執筆時点でこの現象は未だ極めて直近の出来事であり、研究者はまだ2022年夏の死亡率データを収集し分析する過程の途中にある。
しかしながら、手持ちのデータに基づいて、この継続的な超過死亡に寄与している可能性が高い要因を既に特定することができる。
第一に、SARS-CoV-2ウイルスはまだ流行しており、疫学データはCOVID-19による死亡が超過死亡のかなりの割合を未だ占めていることを示している。
第二に、2022年7月と8月の異常な熱波は、死亡リスクを高めた可能性が高い。過度の暑さは直接的ないし間接的に死に結び付くからである。
第三に、多くの国の医療システムは未だにコロナ禍でぐらついた状態にある。多くの病院で、資金、設備、職員が足りない状況が続いており、そのため患者のケアが最適ではないものとなっている。
ただ、一部の人の主張に反して超過死亡に寄与していないことを我々が分かっている一つのことは、コロナワクチンである。以前示したように、ワクチン対象と超過死亡数の間には相関は無く、超過死亡が公的なコロナワクチンキャンペーンの展開と正の相関があるということもない。従って、利用可能な証拠はこの主張に反しているのである。

自動安定化装置としての経験料率

というNBER論文が上がっているungated(SSRN)版)。原題は「Experience Rating as an Automatic Stabilizer」で、著者はMark Duggan(スタンフォード大)、Andrew C. Johnston(UCマーセッド)、Audrey Guo(サンタクララ大)。
以下はその要旨。

Unemployment insurance taxes are experience-rated to penalize firms that dismiss workers. We examine whether experience rating acts as an automatic stabilizer in the labor market. We exploit the fact that penalties for layoffs vary by state using detailed data on state tax schedules, and we measure whether firms react less to labor-demand shocks in the presence of greater layoff penalties. The average penalty for layoffs reduces firm adjustment to negative shocks by 11 percent. The results imply experience rating has a stabilizing influence on labor markets. Experience rating saved, for instance, nearly a million jobs in the Great Recession.
(拙訳)
失業保険税は、労働者を解雇した企業にペナルティを科すために、経験料率*1になっている。我々は、経験料率が労働市場で自動安定化装置として働いているかどうかを調べた。我々は、州税の税率表の詳細なデータを用いて、解雇のペナルティが州によって違うことを利用し、解雇のペナルティが大きい時に労働需要ショックへの企業の反応が小さくなるかどうかを計測した。解雇への平均的なペナルティは、負のショックに対する企業の調整を11%減じる。この結果は、経験料率に労働市場の安定化効果があることを示している。例えば、大不況において経験料率は百万近い職を救った。

自動化と労働力:2019年の年間企業調査における企業レベルの視点

というNBER論文をアセモグルらが上げている同じNBERサイトのungated版)。原題は「Automation and the Workforce: A Firm-Level View from the 2019 Annual Business Survey」で、著者はDaron Acemoglu(MIT)、Gary W. Anderson(アメリカ国立科学財団)、David N. Beede(センサス局)、Cathy Buffington(同)、Eric E. Childress(ジョージメイソン大)、Emin Dinlersoz(センサス局)、Lucia S. Foster(同)、Nathan Goldschlag(同)、John C. Haltiwanger(メリーランド大)、Zachary Kroff(センサス局)、Pascual Restrepo(ボストン大)、Nikolas Zolas(センサス局)。
以下はその要旨。

This paper describes the adoption of automation technologies by US firms across all economic sectors by leveraging a new module introduced in the 2019 Annual Business Survey, conducted by the US Census Bureau in partnership with the National Center for Science and Engineering Statistics (NCSES). The module collects data from over 300,000 firms on the use of five advanced technologies: AI, robotics, dedicated equipment, specialized software, and cloud computing. The adoption of these technologies remains low (especially for AI and robotics), varies substantially across industries, and concentrates on large and young firms. However, because larger firms are much more likely to adopt them, 12-64% of US workers and 22-72% of manufacturing workers are exposed to these technologies. Firms report a variety of motivations for adoption, including automating tasks previously performed by labor. Consistent with the use of these technologies for automation, adopters have higher labor productivity and lower labor shares. In particular, the use of these technologies is associated with a 11.4% higher labor productivity, which accounts for 20-30% of the difference in labor productivity between large firms and the median firm in an industry. Adopters report that these technologies raised skill requirements and led to greater demand for skilled labor but brought limited or ambiguous effects to their employment levels.
(拙訳)
本稿は、米センサス局が米国科学工学統計センター(NCSES)と共同で実施する年間企業調査*1の2019年調査で導入された新たな集計を利用して、全ての経済部門における米企業の自動化技術の採用状況を記述する。同集計では30万以上の企業から5つの先端技術の利用状況のデータを収集する。5つの先端技術とは、AI、ロボティクス、専用機器、特化型ソフトウエア、およびクラウドコンピューティングである。こうした技術の採用は、低水準に留まっており(特にAIとロボティクス)、産業によってかなり違い、大手ならびに若い企業に集中している。だが、大手企業が採用する傾向にあるため、米国の労働者の12-64%、製造業労働者の22-72%がそうした技術の影響を受けている。企業は様々な採用動機を報告している。一例が、従来労働者が行っていた業務の自動化である。これらの技術を自動化に使用するということと整合的に、採用した企業の労働生産性は高く、労働分配率は低い。具体的には、これらの技術を利用する企業では労働生産性は11.4%高くなっており、産業内における大企業と平均的企業の間の労働生産性の差の20-30%を説明している。技術を採用した企業の報告によれば、これらの技術は技能の要求が高く、技能労働者の需要を増やすが、雇用水準への影響は限定的ないし不明瞭である。