CPU価格は品質だけでなく市場ファンダメンタルズにも左右される

Gorodnichenkoの共著論文をもう一丁。以下はYuriy Gorodnichenko(UCバークレー)、Oleksandr Talavera(バーミンガム大)、Nam Hoai Vu(同)によるNBER論文「Quality and Price Setting of High-Tech Goods」(ungated版)の要旨。

This paper investigates the link between product quality and price setting for central processing units (CPUs). Using thousands of price quotes from a popular price-comparison website, we find that market fundamentals, such as the number of sellers, median price, share of convenient prices and level of seller stability, are important factors for explaining price stickiness and price dispersion. We demonstrate that calculations of price inflation require conditioning not only on CPU quality, but also on market fundamentals to ensure that CPU attributes are priced correctly. Failing to do so can result in an understatement of CPU price deflation in the sample period.
(要旨)
本稿は中央処理装置(CPU)について製品の品質と価格設定との関係を調べた。人気のある価格比較ウェブサイトからの何千もの相場価格を用いて我々は、売り手の数、価格の中央値、売れ線の価格*1の割合、売り手の安定性の水準といった市場のファンダメンタルズが価格粘着性と価格分散を説明する上で重要な要因であることを見い出した。我々は、価格インフレの計算でCPUの特性が正しく値付けされていることを保証するためには、CPUの品質だけでなく市場ファンダメンタルズも条件とする必要があることを示す。それをしなかった場合、サンプル期間においてCPUの価格デフレーションを過小評価する結果に終わる可能性がある。


ungated版の本文では白塚重典氏のこちらの論文も引用されており、従来の価格調整手法の問題点について以下のように書いている。

Quality improvement has long been a major challenge for measuring inflation, especially for goods with rapid technological advancements. Hedonic regression is a popular approach for ensuring the correct prices for upgrades of product attribute trends (see e.g., Gordon and Griliches, 1997; Shiratsuka, 1999; Bils, 2009). However, this approach ignores the fact that prices are also affected by other factors, such as market and product characteristics.
We follow the common approach in the existing literature (see e.g., Byrne et al., 2018; Aizcorbe et al., 2020) and run the hedonic regression for each pair of consecutive years in our sample. More specifically, we include product characteristics and market fundamentals as control variables. Our focus is on the quality-adjusted price movement which is reflected by the coefficient of the year dummy for each time period. We show that hedonic adjustment may be incomplete if pricing of product attributes varies across products. Thus, one should control, not only for product attributes, but also for market fundamentals.
(拙訳)
品質の向上はインフレを測定する上で長年の間大きな課題になっており、技術進歩が急速な商品については特にそうである。ヘドニック回帰は製品の特性トレンドのアップグレードについて正しい価格を保証する上で人気のある手法である(例えばGordon and Griliches, 1997; Shiratsuka, 1999; Bils, 2009を参照)。しかし、この方法は、市場と製品の属性のような他の要因にも価格が左右されることを無視している。
我々は既存の研究の一般的な手法(例えばByrne et al., 2018; Aizcorbe et al., 2020を参照)を踏襲し、我々のサンプル期間の連続した年の各ペアについてヘドニック回帰を行った。より具体的に言うならば、製品の属性と市場ファンダメンタルズをコントロール変数として含めた。我々は、各期間の年ダミーの係数に反映される品質調整済みの価格変動に焦点を当てた。我々は、製品属性の値付けが製品間でばらついている場合、ヘドニック調整が不完全であろうことを示す。従って、製品の属性だけでなく市場ファンダメンタルズもコントロールする必要がある。

*1:ungated版の本文では「convenient prices (also called price points such $9.99 or $99)」と書かれており、price pointはwikipediaで「Price points are prices at which demand for a given product is supposed to stay relatively high.」と説明されている。

政治的分極化と予想された経済の帰結

Olivier Coibion(テキサス大オースティン校)、Yuriy Gorodnichenko(UCバークレー)、Michael Weber(シカゴ大)のNBER論文をもう一丁。以下は昨年の大統領選投票日前に出された表題のNBER論文(原題は「Political Polarization and Expected Economic Outcomes」、ungated版VoxEU記事)の要旨。

We use a large-scale representative survey of households from October 19-21 that elicits respondents’ expectations about the presidential election’s outcome as well as their economic expectations to document several new facts. First, people disagree strongly about the likely outcome of the election, despite widespread publicly available polling information. Most Democrats are very confident in a Biden win while most Republicans are very confident in a Trump win. Second, respondents predict a fairly rosy economic scenario if their preferred candidate wins but a dire one if the other candidate wins. Since most respondents are confident in their favored outcome, unconditional forecasts are similar across parties despite the fact that underlying probability distributions and conditional forecasts are very different. Third, when presented with recent polling data, most voters change their views by little unless they are independent and/or have relatively weak priors about the outcome. Information that emphasizes the uncertainty in polling data has larger effects in terms of reducing polarization in expected probabilities over different electoral outcomes. Fourth, exogenous information that changes individuals’ probability distribution over electoral outcomes also changes their unconditional forecasts in a corresponding manner. These changes in economic expectations in turn are likely to affect household economic decisions.
(拙訳)
我々は、大統領選の結果予想や経済の予想を回答者から聴取した10月19-21日の大規模な代表性を持つ家計調査を用いて、新たな幾つかの事実を立証した。第一に、広く利用可能な世論調査の存在にもかかわらず、人々は選挙結果の見通しについてかなり意見が食い違っている。大半の民主党員がバイデンが勝つと大いに確信している一方で、大半の共和党員はトランプが勝つと大いに確信している。第二に、回答者は、自分の推す候補が勝った場合にはかなり薔薇色の経済シナリオを予測する一方で、もう一人の候補が勝った場合には悲惨なシナリオを予測している。大半の回答者は自分の願う結果になると確信しているため、根底にある確率分布と条件付き予測はかなり違うにもかかわらず、無条件予測は党派をまたがって似たようなものとなっている。第三に、最近の世論調査データを提示された場合、無党派、ないし、結果について比較的弱い事前分布を持っている人以外の大半の有権者は、自分の見解をあまり変えない。世論調査データの不確実性を強調する情報の方が、相異なる選挙結果の期待確率の分極化を抑えるという点で、影響力が大きい。第四に、選挙結果についての個人の確率分布を変える外生的な情報もまた、彼らの無条件予測をそれ相応に変える。経済の予想に関するこうした変化は、家計の経済的意思決定に影響する可能性が高い。

インフレ予想に影響を与えるのは現在ではなく将来の財政赤字

という主旨のNBER論文「Fiscal Policy and Households’ Inflation Expectations: Evidence from a Randomized Control Trial」をOlivier Coibion(テキサス大オースティン校)、Yuriy Gorodnichenko(UCバークレー)、Michael Weber(シカゴ大)のトリオが上げている(ungated版)。以下はその要旨。

Rising government debt levels around the world are raising the specter that authorities might seek to inflate away the debt. In theoretical settings where fiscal policy “dominates” monetary policy, higher debt without offsetting changes in primary surpluses should lead households to anticipate this higher inflation. Are household inflation expectations sensitive to fiscal considerations in practice? We field a large randomized control trial on U.S. households to address this question by providing randomly chosen subsets of households with information treatments about the fiscal outlook and then observing how they revise their expectations about future inflation as well as taxes and government spending. We find that information about the current debt or deficit levels has little impact on inflation expectations but that news about future debt leads them to anticipate higher inflation, both in the short run and long run. News about rising debt also induces households to anticipate rising spending and a higher rate of interest for government debt.
(拙訳)
世界中で上昇しつつある政府債務水準は、当局がインフレで債務を軽減しようとするのではないかという疑念を高めている。財政政策が金融政策を「支配する」理論的枠組みでは、債務が増加して基礎的財政黒字の変化がそれを相殺しない場合は、家計は必然的にそうした高インフレ予想を抱くようになる。現実でも家計のインフレ予想は財政懸念に敏感に反応するだろうか? この問題に取り組むために我々は、米家計に対して大規模なランダム化比較試験を実施した。同試験ではランダムに選んだ家計の部分集合に財政見通しの情報を与え、彼らが将来のインフレや、税と政府支出の予想をどのように改訂するかを観測した。現在の債務や財政赤字の水準に関する情報はインフレ予想にほとんど影響しないが、将来の債務に関するニュースは短期と長期の両方においてインフレ予想を高めることを我々は見い出した。債務が上昇していることに関するニュースも、歳出の上昇と、政府債務に掛かる金利の上昇を家計に予想させた。

政治的暴力、リスク回避、および非局地的な感染拡大:米議事堂暴動の実証研究

何かイベントがあるとそのCOVID-19感染への影響をNBER論文に上げている研究者のグループ*1が、今度は1/6の議事堂占拠事件を取り上げた。以下はDhaval M. Dave(ベントレー大)、Drew McNichols(UCサンディエゴ)、Joseph J. Sabia(サンディエゴ州立大)による表題のNBER論文(原題は「Political Violence, Risk Aversion, and Non-Localized Disease Spread: Evidence from the U.S. Capitol Riot」)の要旨。

On January 6, 2021, the U.S. Capitol was sieged by rioters protesting certification of Joseph R. Biden’s election as the 46th president of the United States. The Director of the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) quickly predicted that the Riot would be a COVID-19 “surge event.” This study is the first to estimate the impact of the Capitol Riot on risk-averting behavior and community-level spread of the novel coronavirus. First, using anonymized smartphone data from SafeGraph, Inc. and an event-study approach, we document that on January 6th there was a substantial increase in non-resident smartphone pings in the census block groups including the Ellipse, the National Mall, and the U.S. Capitol Building, consistent with a large protest that day. Next, using data from the same source and a synthetic control approach, we find that the Capitol Riot increased stay-at-home behavior among District of Columbia residents, indicative of risk averting behaviors in response to violence and health risks. Finally, turning to COVID-19 case data, we find no evidence that the Capitol Riot substantially increased community spread of COVID-19 in the District of Columbia in the month-long period following the event. This may be due to increases in social distancing and a “virtual lockdown” of the Capitol prior to the inauguration of the new president. However, exploiting variation in non-resident smartphone inflows into the January 6 Capitol protest, we find that counties with the highest protester inflows experienced a significant increase in the rate of daily cumulative COVID-19 case growth in the month following the protest. We conclude that the Capitol Riot may have contributed to non-localized COVID-19 spread.
(拙訳)
2021年1月6日、米国の議事堂は、ジョセフ・R・バイデンの第46代米大統領選出の認証に抗議する暴徒に包囲された。米疾病予防管理センター(CDC)の所長はすぐに、暴動がCOVID-19の「急拡大イベント」になる、と予測した。本研究は、議事堂暴動がリスク回避行動ならびに新型コロナウイルスの地域レベルの拡大に与えた影響を推計した初めての研究である。第一に、セーフグラフ社の匿名化されたスマートフォンのデータとイベントスタディの手法を用いて我々は、1月6日にエリプス*2、ナショナル・モール*3、および議事堂が含まれる国勢調査細分区グループで非居住者のスマートフォンからの発信が有意に増加したことを立証した。これはこの日の大規模な抗議活動と整合的である。次に、同じソースのデータと合成コントロール手法を用いて我々は、議事堂暴動がコロンビア特別区住民の家に留まる行動を増やしたことを見い出した。これは、暴力と健康リスクへの対応としてのリスク回避行動を示している。最後に、COVID-19症例データを調べたところ、議事堂暴動がイベント後1か月の間にコロンビア特別区のCOVID-19の地域的な拡大を有意に増やした証拠は見い出されなかった。これは、新大統領の就任前の社会的距離の増大と議事堂の「事実上のロックダウン」による可能性がある。しかし、1月6日の議事堂での抗議活動における非居住者のスマートフォン流入の変動を調べたところ、抗議者の流入が高い郡で、抗議活動に続く1か月の間のCOVID-19の症例の日次の累積的な増加率が有意に増加したことを我々は見い出した。我々は、議事堂暴動は非局地的なCOVID-19の拡大に寄与した可能性がある、と結論する。

歪められた最低賃金の議論

タイラー・コーエンが要旨を紹介し、ノアピニオン氏が批判的に取り上げている邦訳)David Neumark(UCアーバイン)とPeter Shirley(ウエスバージニア州議会)の論文「Myth or Measurement: What Does the New Minimum Wage Research Say about Minimum Wages and Job Loss in the United States?」を、ケイトー研究所のRyan Bourneが表題の記事(原題は「The Distorted Minimum Wage Debate」)でクルーグマン叩きに援用している

It sometimes feels as if advocates and opponents of minimum wage hikes are talking in different universes. In large part, that stems from completely opposite interpretations of the balance of the academic literature on the subject.
Research on the minimum wage in the U.S. has been extensive, yet one can read Paul Krugman claiming “There’s just no evidence that raising the minimum wage costs jobs, at least when the starting point is as low as it is in modern America,” right through to other academics concluding “There is considerable support for the competitive market hypothesis that an effective minimum wage would result in lower employment.”
Which view better reflects our understanding? In a new working paper, economists David Neumark and Peter Shirley assemble the entire set of published papers that examine the impact of minimum wage hikes on employment outcomes at the state and local level in the U.S. since 1992. Contacting the researchers who wrote the papers, they identify those researchers’ “core” or preferred results in each case whenever possible, using the gathered estimates to summarize the last three decades of research.
Their conclusions, contrary to what you might read in the rest of the media, are clear:

  • The overwhelming majority of papers analyzing the U.S. estimate a negative effect on employment of minimum wage hikes (79.3 percent of them). In fact more than half of all papers have a negative impact that is statistically significant at the 10% level or more.
  • The negative impact is stronger for teens, young adults, and less‐​educated workers, and especially strong for directly affected workers (those who see their wage rate increase automatically through the policy.)
  • There is no evidence of these impacts becoming less negative in studies from more recent years.
  • Studies that look at the impact of minimum wage hikes on low‐​wage industries (rather than population groups) are less likely to find a negative impact on employment. But these are less good at identifying the impact of a wage floor hike on low‐​wage workers as a group, because the proportion of workers directly affected is obviously smaller, and the employment results may reflect employers substituting low‐​skilled labor for higher‐​skilled labor.

Neumark and Shirley summarize their findings by saying: “our evidence indicates that concluding that the body of research evidence fails to find disemployment effects of minimum wages requires discarding or ignoring most of the evidence.”
Next time someone says “there’s no evidence the minimum wage costs jobs or hours,” point them in the direction of this paper...
(拙訳)
最低賃金引上げの支持者と反対者は異なる宇宙で話しているようである。その違いは、主として、この問題に関する学術研究の趨勢を完全に正反対に解釈していることから生じている。
米国の最低賃金の研究は幅広く行われているが、片やポール・クルーグマンが「最低賃金の引き上げが職の犠牲をもたらす証拠は全くない。少なくとも出発点が現代の米国のように低い場合はそうである」と主張し、片や「実効的な最低賃金は雇用を下げるという競争市場仮説には支持者が多い」と他の学者が結論付けているのを目にする。
どちらの見解が我々の理解をより良く反映しているのだろうか? 経済学者のDavid NeumarkとPeter Shirley は、新たなワーキングペーパーで、1992年以降の州・地方レベルの最低賃金引上げの雇用への影響について調べた公表論文すべてを集計した。彼らは論文の著者に連絡を取り、各研究者の「中心的」ないし選好する結果を可能な限り特定し、収集した推計値を用いて過去30年の研究を要約した。
彼らの結論は、他のメディアで目にするであろう話とは逆で、明確である:

  • 米国を分析した論文の圧倒的多数(79.3%)が最低賃金引上げの雇用への負の効果を推計している。実際のところ、すべての論文の半分以上が10%水準もしくはそれ以上の水準で統計的に有意な負の効果を示している。
  • 負の効果は10代、ヤングアダルト、および教育程度の低い労働者で強く、直接影響を受ける労働者(賃金率がその政策によって自動的に増加する人々)で特に強い。
  • 直近の研究ほどその負の影響が弱まるという実証結果は得られなかった。
  • (人々のグループではなく)低賃金業種への最低賃金引上げの影響を調べた研究では、雇用への負の影響を見出す傾向は弱まった。しかし、そうした研究はグループとしての低賃金労働者への最低賃金引上げの影響をあまりうまく特定できなかった。というのは、直接影響を受ける労働者の割合は明らかに小さく、また雇用効果は雇用者が低技能労働者で高技能労働者を置き換えることを反映している可能性があるからである。

NeumarkとShirleyは「我々の実証結果が示すところによれば、多くの研究の実証結果では最低賃金の雇用喪失効果を見いだせていない、と結論するためには実証結果の大半を廃棄するか無視する必要がある」と述べて自分たちの研究結果を要約している。
今度誰かが「最低賃金が職や労働時間の犠牲をもたらす証拠はない」と言ったならば、この論文を指し示してやろう・・・

議会予算局による最低賃金の影響の推計

2/8に出されたCBOのレポートの概要について、NPR記事を引用する形でマンキューがブログにまとめている*1

Raising the federal minimum wage to $15 an hour by 2025 would increase wages for at least 17 million people, but also put 1.4 million Americans out of work, according to a study by the Congressional Budget Office released on Monday.
A phase-in of a $15 minimum wage would also lift some 900,000 out of poverty, according to the nonpartisan CBO. This higher federal minimum could raise wages for an additional 10 million workers who would otherwise make sightly above that wage rate, the study found.
Potential job losses were estimated to affect 0.9 percent of workers, the CBO wrote, adding: "Young, less educated people would account for a disproportionate share of those reductions in employment."
(拙訳)
月曜に公表された議会予算局の研究によると、連邦最低賃金を2025年までに時間当たり15ドルに引き上げると、少なくとも1700万人の賃金が上昇するであろうが、140万人の米国人が職を失う。
15ドルの最低賃金の導入はまた、およそ90万人を貧困から脱却させる、と非党派的なCBOは言う。同研究が見出したところによると、この連邦最低賃金の引き上げは、1000万人の労働者の賃金を追加的に上昇させるが、それらの人々は、その引き上げが無ければその最低賃金をやや上回るところにとどまっていた人々である*2
労働者の0.9%が職を喪失する可能性があると推計される、とCBOは述べ、「そうした雇用の減少は、若く教育程度の低い人々に偏る」と付け加えている*3

*1:タイラー・コーエンも簡単に触れている邦訳)。

*2:CBO報告書では、この点について以下のように書いている。
CBO also estimated the number of affected workers who would experience those changes in pay. If the Raise the Wage Act of 2021 is not enacted, 17 million workers (or 10 percent of the labor force as it is projected under current law) will have wages below the minimums proposed by the bill, CBO estimates, during an average week in 2025. That is therefore the number of workers who would be directly affected by the bill. Also, 10 million workers during that average week will have wages that are only slightly higher than the proposed minimums; that is the number who would be potentially affected. If the bill was enacted and the minimum wage rose, wages for many of those workers would increase as employers sought to retain some of the differences in pay that had previously existed among those workers.
(拙訳)
CBOはまた、そうした給与の変化を経験するであろう労働者の数を推計した。「2021年賃上げ法案」が施行されなかった場合、2025年の平均的な週において、1700万人の労働者(現行法の下で予測される労働力人口の10%)の賃金が法案の提示する最低賃金以下となる。これは即ち、法案によって直接影響される労働者の数である。また、1000万人の労働者が、同じ平均的な週において、提示される最低賃金をやや上回る程度の賃金にとどまる。これは影響を受ける可能性のある人数である。法案が施行されて最低賃金が上昇すると、そうした労働者の多くの賃金が引き上げられるであろう。というのは、雇用者が、それらの労働者における既存の給与の差異をある程度維持しようとするからである。

*3:CBO報告書ではまた、職を失うであろう140万人(=労働者の0.9%)のうち半分が2025までに職探しを諦めて労働力から脱落する、と述べている。

クルーグマンのバイデンプラン擁護論

前回前々回エントリで紹介したサマーズのバイデンの財政支出への懸念について、クルーグマンtwitter反応している

So is the Biden plan too big? We need to be clear about what it's for. IT'S NOT STIMULUS. This isn't at all like the ARRA, which was all about boosting demand; this is disaster relief. Or maybe it will help if we think of it as being like fighting a war against Covid fallout 1/
When you're budgeting for a war, you don't decide how much to spend by estimating what it would take to fill the output gap; you estimate what it would take to win the war. 2/
Is everything in the Biden plan well-targeted on our needs? No. But the controversial part, checks to most of the population, is just a fraction of the plan 3/
Mostly the plan is about directly fighting the pandemic, reopening schools, avoiding cuts in vital services, and helping families in dire need. Ideally we might achieve these goals at somewhat less cost, but speed and simplicity are more important than perfection 4/
Now, wartime spending isn't about stimulus, but is nonetheless stimulative, and overheating can be a real concern. But the Fed can contain inflation; and in any case the less-essential parts of the plan probably have low multipliers 5/
In particular, most of those "stimulus checks" will probably be saved, and aside from the fact that state/local aid is largely a way to head off fiscal contraction, any excess will probably be banked. 6/
So if you're worried about overheating, you shouldn't focus on the notion that the plan is too big; your real concern is that, like fighting a war, doing what needs to be done may be inflationary. And the answer in that case is not to do less, but to limit the inflation 7/
We'll see if we really do overheat. But the idea that this is a gratuitously large plan confuses the goals of the policy with the macroeconomics of getting it done 8/
(拙訳)
ということで、バイデンプランは巨額過ぎるのだろうか? その目的についてはっきりさせておくべきだろう。これは刺激策ではない。これは、需要を支えることが至上課題だったARRAのようなものではまったくない。これは災害救助なのだ。あるいは、Covidがもたらす被害に対する戦争を遂行するようなもの、と考えると良いだろう。
戦争に予算を付ける時は、生産ギャップを埋めるためにどのくらい必要かを推計して支出額を決めたりはしない。戦争に勝つためにどのくらい必要かを推計するのだ。
バイデンプランにおいてはすべてが我々の需要に上手く応えているだろうか? 否、である。しかし論争の的となっている国民の大多数への小切手は、プランのごく一部に過ぎない。

プランの大部分はパンデミックと直接戦うことに関するものである。学校の再開、必要不可欠なサービスの縮減の回避、および助けを大いに必要としている家計への援助である。理想的にはこうした目的を幾分少ない費用で達成できるかもしれないが、スピードと簡易性が完全性よりも重要なのだ。
なお、戦時の支出は刺激策ではないものの、刺激をもたらし、経済の過熱は実際に懸念事項となり得る。しかしFRBはインフレを封じることができる。また、いずれにせよ、プランのそれほど重要でない部分の乗数はおそらく低い。
特に、例の「刺激策の小切手」はおそらく大部分が貯蓄に回るであろうし、州や地方自治体への扶助の大部分が財政の緊縮を回避するためという事実を別にしても、余剰分のすべてがおそらく銀行預金に回るだろう。
ということで、もし過熱について心配するならば、プランが巨額過ぎることに力点を置くべきではない。真に懸念すべきは、戦争と同様、必要なことを行うとインフレ的になり得る、ということである。そしてその場合における解決策は、支出を減らすのではなく、インフレを抑えよ、というものである。
実際に過熱するかどうかは様子見である。しかし、これが大盤振る舞いの巨額プランだという考えは、政策の目的と、それを遂行する上でのマクロ経済学とを混同させてしまう。

クルーグマンはまた、この件に関する自分のNYT論説にリンクしたツイートで以下のように書いている

My long form defense of going big on pandemic rescue. IT'S NOT ABOUT STIMULUS. It's like fighting a war (on pandemic fallout.) And you spend what you need to win a war, not just enough to close the output gap 1/
Fear of inflation are greatly exaggerated: the economy can probably run hotter than CBO thinks, the multipliers on a lot of the spending probably aren't that high, and the Fed is well able to contain inflation if it becomes a problem 2/
And the idea that we need to save fiscal ammunition for future programs is completely backwards. Remember 2009! The constraint is political, not financial; what we need is a program that delivers tangible benefits to voters, showing them that govt can do good. 3/
So go big. The risks of undershooting are too severe to do anything else 4/
(拙訳)
パンデミック救済で大きな支出をすることの私の擁護論の長文版。これは刺激策の問題ではない。これは(パンデミック被害に対する)戦争のようなものなのだ。単に生産ギャップを埋めるのに十分なだけ支出するのではなく、戦争に勝つのに必要なだけ支出するのだ。
インフレへの恐れはかなり誇張されている。経済はおそらくCBOが思うよりも熱くなることができ、支出の多くにおいて乗数はそれほど大きくなく、そしてFRBはインフレが問題になればそれを封じ込める能力が十分にある。
それと、将来のプランのために財政の弾薬を取っておく必要があるというのは完全に後ろ向きである。2009年を思い出そう! 制約は政治的なものであって財政的なものではない。必要なのは、政府も良いことができる、ということを示す、有権者に目に見える恩恵を与えるプランなのだ。
ということで、大いに支出しよう。そうしないことによる過少支出によるリスクはあまりにも大きい。

両者は討論会も行ったようだが、これは10年前の討論を彷彿とさせる。ただ、この時はサマーズが政策の先行きに楽観的だったのに対し、クルーグマンは悲観的だったという点で今回と対照的と言えば対照的である。一方、5年前のエントリでは、経済モデルでは捉え切れないであろう信認の危機の危険性を強調し、その点でクルーグマンは認識が甘いのではないか、という趣旨のサマーズの論説を紹介したが、今回の論争はその点における両者の見解の差を改めて浮き彫りにしたと言えそうである(ここで指摘したように、クルーグマンの最近の考察に照らしても、そうした信認の問題がインフレにつながるリスクは存在するように思われる)。