メルケルはトランプのtwitterアカウント停止について何と言ったのか?

という点が最近ツイッター界隈で議論になったが、ドイツ政府のホームページに当該の報道官の会見のトランスクリプトが上がっていることに気づいたので、以下に該当箇所の原文、そのグーグル英訳、さらにその拙訳を掲げてみる。

(原文)
Frage: Herr Seibert, wie bewertet die Bundesregierung die Sperrung des Twitter-Kontos von Donald Trump?
Sollte es in Deutschland gesetzliche Regeln geben, die die Sperrung offizieller Accounts der Bundesregierung regulieren oder sogar verbieten?
StS Seibert: Ich will ganz grundsätzlich sagen, dass die Bundesregierung überzeugt ist, dass die Betreiber sozialer Netzwerke sehr hohe Verantwortung tragen. Sie tragen hohe Verantwortung dafür, dass die politische Kommunikation nicht durch Hass, Lüge oder Anstiftung zur Gewalt vergiftet wird. Es ist auch richtig, nicht tatenlos zuzusehen, wenn auf bestimmten Kanälen Inhalte gepostet werden, die in diese Kategorien fallen. Deswegen ist es richtig, wenn Anmerkungen gemacht werden und was man an Praktiken in den letzten Wochen und Monaten alles sozusagen noch sah.
Das Grundrecht auf Meinungsfreiheit ist ein Grundrecht von elementarer Bedeutung. In dieses Grundrecht kann eingegriffen werden, aber entlang der Gesetze und innerhalb des Rahmens, den der Gesetzgeber definiert, und nicht nach dem Beschluss der Unternehmensführung von Social-Media-Plattformen. Unter dem Aspekt sieht die Bundeskanzlerin es als problematisch an, dass jetzt die Konten des US-Präsidenten dauerhaft gesperrt wurden.
Frage: Folgt daraus eine politische Forderung, Herr Seibert?
StS Seibert: Das war zunächst einmal meine Einschätzung auf die Frage, die gestellt wurde.
Sie wissen, dass wir in Deutschland ein Netzwerkdurchsetzungsgesetz haben, das seit 2017 gilt. Es hat sich grundsätzlich bewährt und wird aktuell fortentwickelt. Es ist ja eigentlich genau Ausdruck dieses Gedankens, den ich versucht habe, zu überbringen, dass es nämlich der Gesetzgeber ist, der den nachvollziehbaren Rahmen zu setzen hat, in dem sich die Kommunikation in sozialen Netzwerken zu bewegen hat.
Frage: Herr Seibert, Sie haben jetzt zwei sehr wichtige Dinge gesagt. Sie haben von einer hohen Verantwortung der Betreiber bei Hassrede gesprochen, wie Sie das nennen. Auf der anderen Seite haben Sie gesagt, dass es nur juristisch durchgesetzt werden kann. Ich sehe da einen großen Spalt. Wie kann man das abwägen? Wo ist die Grenze, wo der Betreiber selbst entscheiden soll, und wo ist die Grenze, wo nur noch ein Gericht entscheiden kann? Prinzipiell gilt ja, dass Meinungsfreiheit nur durch gerichtlichen Beschluss beschränkt werden kann.
StS Seibert: Das sind Abwägungen in einem Spannungsfeld, die ich hier ganz sicherlich nicht pauschal vornehmen kann.
Ich habe gesagt, dass die Komplettsperrung des Accounts eines gewählten Präsidenten aufgrund des Beschlusses von Unternehmensführungen problematisch ist. Ganz problematisch - und ganz grundsätzlich problematisch - ist natürlich, was es zum Teil an lügenhaften, an verfälschenden und gewaltfördernden Tweets und Posts insgesamt gibt. Deswegen ist man in dieser Abwägung ständig herausgefordert. Aber es ist richtig, dass der Staat - der Gesetzgeber - dazu einen Rahmen setzt.

google英訳)
Question: Mr. Seibert, what is the federal government's assessment of the blocking of Donald Trump's Twitter account? Should there be legal rules in Germany that regulate or even prohibit the blocking of official accounts of the Federal Government?
StS Seibert: I want to say in principle that the Federal Government is convinced that the operators of social networks bear a very high responsibility. They bear a high responsibility for ensuring that political communication is not poisoned by hatred, lies or incitement to violence. It is also right not to stand idly by when content that falls into these categories is posted on certain channels. That is why it is right to make comments and what practices have been seen in recent weeks and months, so to speak. The fundamental right to freedom of expression is a fundamental right of fundamental importance. This fundamental right can be enclawed, but along the laws and within the framework defined by the legislator, and not according to the decision of the corporate governance of social media platforms. From this point of view, the Chancellor sees it as problematic that the US President's accounts have now been permanently suspended.
Question: Does this lead to a political demand, Mr Seibert?
StS Seibert: That was my assessment of the question that was asked. You know that we have a network enforcement law in Germany that has been in force since 2017. It has proved its worth in principle and is currently being developed. It is, in fact, precisely an expression of this idea that I have tried to express, namely that it is the legislator who has to set the comprehensible framework within which communication on social networks has to move.
Question: Mr Seibert, you have now said two very important things. You spoke of a high responsibility on the part of the operators in hate speech, as you call it. On the other hand, you have said that it can only be enforced legally. I see a big gap. How can this be weighed up? Where is the border where the operator is to decide for himself, and where is the border, where only a court can decide? In principle, freedom of expression can only be restricted by a court order.
StS Seibert: These are trade-offs in a field of tension, which I certainly cannot make here. I have said that the complete suspension of an elected president's account is problematic because of the decision of corporate leaders. Of course, what is quite problematic - and fundamentally problematic - is what lies, falsifying and violence-promoting tweets and posts as a whole are. That is why we are constantly challenged in this balance. But it is true that the state - the legislator - should set a framework for this.

(拙訳)

質問
ザイベルトさん、ドナルド・トランプツイッターアカウントの停止について連邦政府はどのように評価していますか? ドイツにおいて連邦政府の公的なアカウントを停止することを規制ないし禁止する法的規則が存在すべきでしょうか?
ザイベルト報道官
ソーシャルネットワークの運用者は非常に大きな責任を負っていることを原則として連邦政府は確信している、と言っておきたいと思います。憎悪、嘘、暴力の扇動によって政治的コミュニケーションが毒されないことを確かなものとする大きな責任が彼らにはあります。そうしたカテゴリに属するコンテンツが、あるチャネルに投稿された時に拱手傍観しないことも正しいことです。だから、運用者がコメントを付けること、ここ数週間ないし数か月にいわば慣行として行われたことは正しいのです。基本的な表現の自由は一次的な重要性を持つ基本的権利です。この基本的権利は干渉され得ますが、それは法律に沿って、立法者が定義した枠組みの範囲内においてであり、ソーシャルメディアプラットホームの経営判断によってではありません。その観点から、米大統領のアカウントが今回恒久的に停止されたことを首相は問題視しています。
質問
それは政治的要求につながるのでしょうか、ザイベルトさん?
ザイベルト報道官
今申し上げたのは取りあえずはご質問の評価の話でした。ご存じの通り、ドイツには2017年に施行されたネットワーク執行法があります。同法は原則としてのその価値を証明しており、発展しつつあります。実際のところ、私が言わんとしていたのはまさにこの法の理念の表現です。即ち、ソーシャルネットワーク上のコミュニケーションが行われるべき包括的な枠組みを決めるべきは立法者である、ということです。
質問
ザイベルトさん、貴兄は今2つの非常に重要なことを言われました。あなたの言うところのヘイトスピーチに関する運用者の大きな責任について話されました。その一方で、それは法律によってのみ執行される、とおっしゃいました。そこには大きなギャップがあるように見えます。それらはどのように比較衡量されるのでしょうか? 運用者が自分で判断することの境界、および、法廷だけが判断できることの境界はどこにあるのでしょうか? 原則として、表現の自由は裁判所命令によってのみ制限され得ます。
ザイベルト報道官
それらは緊張関係をはらんだ分野におけるトレードオフになり、ここで白黒を申し上げることができないのは確かです。私が申し上げたのは、企業の経営者の決定によって選挙で選ばれた大統領のアカウントを完全に停止することは問題である、ということです。もちろん、非常に問題があり、根本的に問題なのは、嘘、改ざん、暴力を助長するツイートや投稿全体です。だからこそ、私たちにとって常にそのバランスが課題となるのです。しかし、国家――立法者――がそのための枠組みを設定する必要があるのは事実です。

TFPの測定:利益、調整コスト、稼働率の役割

生産性ネタをもう一丁。以下はDiego A. Comin(ダートマス大)、Javier Quintana Gonzalez(スペイン銀)、Tom G. Schmitz(ボッコーニ大)、Antonella Trigari(同)による表題のNBER論文(原題は「Measuring TFP: The Role of Profits, Adjustment Costs, and Capacity Utilization」、ungated版が掲載されている著者の一人のHP)の要旨。

Standard methods for estimating total factor productivity (TFP) growth assume that economic profits are zero and adjustment costs are negligible. Moreover, following the seminal contribution of Basu, Fernald and Kimball (2006), they use changes in hours per worker as a proxy for unobserved changes in capacity utilization. In this paper, we propose a new estimation method that accounts for non-zero profits, structurally estimates adjustment costs, and relies on a utilization proxy from firm surveys. We then compute industry-level and aggregate TFP growth rates for the United States and five European countries, for the period 1995-2016. In the United States, our results suggest that the recent slowdown of TFP growth was more gradual than previously thought. In Europe, we find that TFP was essentially flat during the Great Recession, while standard methods suggest a substantial decrease. These differences are driven by profits in the United States, and by profits and our new utilization proxy in Europe.
(拙訳)
全要素生産性TFP)の成長率を推計する標準的な方法では、経済的利益はゼロで調整コストは無視できると仮定する。また、そうした方法では、バスー、フェルナルド、キンボール(2006)*1の独創的な研究成果を受けて、稼働率の観測されない変化の代理変数として一人当たり労働時間の変化を使う。本稿で我々は、ゼロでない利益を説明し、調整コストを構造的に推計し、企業調査から得た稼働率の代理変数に依拠する新たな推計手法を提示する。その上で我々は、米国と欧州5ヶ国について、1995-2016年の業種レベルおよびマクロのTFP成長率を計算した。米国についての我々の結果は、最近のTFP成長の鈍化はこれまで思われていたよりも緩やかであることを示している。欧州については、標準的な手法では有意に低下していたとされる大不況期間中のTFPは基本的に横ばいであったことを我々は見い出した。以上の差異は、米国では利益、欧州では利益と我々の新たな稼働率代理変数によってもたらされていた。


TFP推計で利益と調整コストを考慮することの意義についてungated版の導入部では以下のように説明している。

Positive profits create a wedge between output elasticities and factor shares. We use industry-level profit shares estimated by Gutierrez (2018) to compute this wedge, and find that in most countries and industries, the zero-profit assumption underestimates the output elasticity of labour and materials, and overestimates the output elasticity of capital. This is important, as capital tends to grow faster than other inputs in the long run, and is less volatile over the business cycle. Thus, the zero-profit assumption underestimates TFP growth in the long run, and overestimates its volatility and cyclicality.
The second new element in our paper regards adjustment costs. Adjustment costs for capital and employment are important in many business cycle models, and constitute the leading explanation for why firms change their level of capacity utilization over time. Furthermore, adjustment costs matter for TFP measurement, as they change the effective growth rate of capital or labour inputs in periods with large changes in investment or hiring (e.g., during the recovery from a deep recession, or in the early years of a new industry). Nevertheless, Solow and BFK assume that adjustment costs are either inexistent or negligible.
(拙訳)
正の利益は生産の弾力性と要素分配率との間に差を生じさせる。我々はグティエレス(2018)*2が推計した業種レベルの利益分配率を用いてその差を計算し、大半の国と業種でゼロ利益仮定は労働と原材料に対する生産の弾力性を過小評価し、資本に対する生産の弾力性を過大評価することを見い出した。長期的には資本は他の投入よりも早く成長し、景気循環における変動が低い傾向があるため、このことは重要である。それによってゼロ利益仮定は長期的なTFP成長を過小評価し、その変動と循環性を過大評価する。
本稿の第二の新規の要素は、調整コストに関するものである。資本と雇用についての調整コストは多くの景気循環モデルにおいて重要であり、企業が時間的に稼働率水準を変化させる主要な要因となっている。また、調整コストは、投資や雇用が大きく変化する時期(例えば深刻な不況からの回復期や新規産業の当初期)における資本や労働の投入の実効成長率を変化させるため、TFP測定においても重要である。それにもかかわらず、ソローとBFKは調整コストが存在しないか無視できると仮定していた。

*1:これ

*2:cf. これ

中国とドイツでも生産性は低下している

という主旨の論文「A global decline in research productivity? Evidence from China and Germany」をタイラー・コーエンが紹介している。以下はリンク先でまとめられている論文のハイライト。

  • Replicates findings in Bloom et al. (2020) for China and Germany.
  • Provides evidence for a decline in research productivity in both countries.
  • Using firm-level R&D panel data for public and private firms spanning three decades.
  • Strong decline in R&D productivity in China due to end of catch-up growth.
  • Conclusion: ideas are not only getting harder to find in the U.S.

(拙訳)

  • ブルームら(2020)の研究結果*1を中国とドイツで再現。
  • 両国での研究生産性の低下の実証結果を提示。
  • 官民の企業について30年に亘る企業レベルの研究開発パネルデータを使用。
  • キャッチアップ成長の終焉に伴う中国での研究開発生産性の大きな低下。
  • 結論:アイディアの発見が困難になっているのは米国だけではない。

以下はぐぐって見つけた6月時点のWPでの結果の表とグラフ。表ではアイディアの成長率*2をそれぞれ4つの代理変数(売上高、雇用、売上労働生産性時価総額GDPデフレーターで実質化、ただしドイツは私有企業が多いため時価総額の代わりに新製品売上高を使用])で計測した結果*3を示し、グラフではその分布を示している。

f:id:himaginary:20201108015431p:plain

*1:本ブログでは以前WP段階の内容をDietrich Vollrathを引く形で2017/1/28エントリで紹介したことがある。

*2:2017/1/28エントリの記号を使えばΔI/I。

*3:2017/1/28エントリの記号を使えばSとαの変化率。ただし論文ではSは研究開発費、研究開発費を高技能労働者の名目賃金で割って求めた実効研究者数はS~と表記している。

成長予測における月次世界指標の比較

というNBER論文が上がっている。原題は「A Comparison of Monthly Global Indicators for Forecasting Growth」で、著者はChristiane Baumeister(ノートルダム大)、Pierre Guérin(IMF)。
以下はその要旨。

This paper evaluates the predictive content of a set of alternative monthly indicators of global economic activity for nowcasting and forecasting quarterly world GDP using mixed-frequency models. We find that a recently proposed indicator that covers multiple dimensions of the global economy consistently produces substantial improvements in forecast accuracy, while other monthly measures have more mixed success. This global economic conditions indicator contains valuable information also for assessing the current and future state of the economy for a set of individual countries and groups of countries. We use this indicator to track the evolution of the nowcasts for the US, the OECD area, and the world economy during the coronavirus pandemic and quantify the main factors driving the nowcasts.
(拙訳)
本稿は、混合頻度モデルを用いた四半期の世界GDPのナウキャストならびに予測において、世界経済活動の代替的な月次指標の組み合わせを用いた予測の精度を評価する。我々は、世界経済の複数の側面をカバーする最近提案された指標が一貫して有意な改善をもたらすことを見い出した。それに比べると、他の月次指標の成果はまちまちであった。この世界経済環境指標は、各国ならびに国のグループにおける経済の現在と将来の状況を評価する上でも有用な情報を提示する。我々はこの指標を用いて米国、OECD地域、および世界経済のコロナウイルス禍におけるナウキャストの推移を追跡し、ナウキャストを動かした主な要因を定量化した。

ここで推されている指標(論文の本文では「global economic conditions indicator」を略して「GECON」と呼んでいる)は、著者の一人(Baumeister)が別の共著論文(Review of Economics and Statistics掲載。4月のNBER版5月時点のWP)で提示したもので、以下の構成になっている。
f:id:himaginary:20201107023543p:plain

法廷が米大統領を選ぶ可能性はいかほどか? 選挙人制度および国民投票で僅差の逆転可能性のある選挙結果が生じる確率

というタイムリーなテーマのNBER論文が上がっているungated版のある著者の一人のサイト)。原題は「How Likely Is It that Courts Will Select the US President? The Probability of Narrow, Reversible Election Results in the Electoral College versus a National Popular Vote」で、著者はMichael Geruso、Dean Spears(いずれもテキサス大オースティン校)。
以下はその要旨。

Extremely narrow election outcomes—such as could be reversed by rejecting a few thousand ballots—are likely to trigger dispute over the results. Narrow vote tallies may generate recounts and litigation; they may be resolved by courts or elections administrators (e.g., Secretaries of State disqualifying ballots) rather than by voters; and they may reduce the peacefulness, perceived legitimacy, or predictability of the transfer of political power. In this paper we evaluate the probability of such disputable US presidential elections under a hypothetical National Popular Vote versus the current Electoral College system. Starting from probabilistic simulations of likely presidential election outcomes that are similar to the output from election forecasting models, we calculate the likelihood of disputable, narrow outcomes under the Electoral College. The probability that the Electoral College is decided by 20,000 ballots or fewer in a single, pivotal state is greater than 1-in-10. Although it is possible in principle for either system to generate more risk of a disputable election outcome, in practice the Electoral College today is about 40 times as likely as a National Popular Vote to generate scenarios in which a small number of ballots in a pivotal voting unit determines the Presidency. This disputed-election risk is asymmetric across political parties. It is about twice as likely that a Democrat's (rather than Republican's) Electoral College victory in a close election could be overturned by a judicial decision affecting less than 1,000, 5,000, or 10,000 ballots in a single, pivotal state.
(拙訳)
数千の票を却下することで引っ繰り返るような非常に僅差の選挙結果は、結果に関する議論を巻き起こす可能性が高い。僅差の投票結果は再集計と訴訟につながるかもしれず、有権者ではなく法廷や選挙管理者によって決着するかもしれない(州務長官が票を無効とするなど)。また、政治権力の移行が平和裡に行われる可能性、人々がその移行を正当だと受け止める可能性、もしくはそうした移行の予測可能性が低下するかもしれない。本稿で我々は、仮想的な国民投票と現行の選挙人制度の下で、そうした議論の余地のある米大統領選が生じる確率を評価した。まず、選挙予測モデルの出力と似た結果となる大統領選のあり得る結果についての確率シミュレーションを行い、選挙人制度の下での議論の余地のある僅差の結果の可能性を計算した。主要な一つの州での2万票もしくはそれ以下の票で選挙人団が決定される可能性は10分の1以上となった。議論の余地のある選挙結果が生じるリスクは原理的にはどちらの制度の方が大きくてもおかしくはないが、実際には、主要な有権者集団における少数の票が大統領を決めるシナリオが生じる確率は、今日の選挙人制度の方が国民投票よりも40倍大きい。こうした議論の的となる選挙のリスクは政党について非対称的である。(共和党ではなく)民主党の選挙人制度での僅差の勝利が、一つの主要な州における千、5千、ないし1万票以下の票に影響する裁判所の決定によって引っ繰り返る可能性の方が2倍高い。

ギャップを埋めよう:FRBの金融政策の実施方法を反映した教材改訂

というFRB論文をMostly Economicsが紹介している。論文の原題は「Let's close the gap: Revising teaching materials to reflect how the Federal Reserve implements monetary policy」で、著者はJane Ihrig(FRB)、Scott Wolla(セントルイス連銀)。
以下はその要旨。

The topic of the Federal Reserve’s (the Fed’s) implementation of monetary policy has a significant presence in economics textbooks as well as standards and guidelines for economics instruction. This presence likely reflects the fact that it is the implementation framework that helps ensure that the Fed’s desired level of its policy interest rate is transmitted to financial markets, which helps it steer the economy toward the Congressional dual mandate of maximum employment and price stability. Over the past decade or so, the Fed has purposefully shifted the way it implements monetary policy to an environment with ample reserves in the banking system, and it has introduced new policy tools along the way. This paper shows that, unfortunately, many teaching resources are not in sync with the Fed’s current framework. We review six, 2020 or 2021 edition, principles of economics textbooks, and we find they vary greatly in their coverage of the concepts associated with the way the Fed implements policy today and in the longer run. We provide recommendations on how the authors can improve the next editions of their textbooks. We also review standards and guidelines used by secondaryschool educators. All of these are out of date, and we provide proposals for how these materials can be updated.
(拙訳)
FRBの金融政策の実施というトピックは、経済学の教科書、および経済学指導の基準や指針において大きな存在を占めている。この存在の大きさは、FRBの望む政策金利水準が金融市場に確実に伝播することに実施の枠組みが役立っている、という事実を反映している可能性が高い。その金融市場への伝播は、議会に課された二つの任務である最大雇用と物価安定に向けてFRBが経済を舵取りすることに役立っている。過去およそ10年の間、FRBは金融政策の実施方法を意図的に銀行システムに潤沢に準備預金がある環境へとシフトさせてきており、その過程で新たな政策ツールを導入してきた。本稿は、多くの教材が残念ながらFRBの現行の枠組みに追いついていないことを示す。我々は2020年もしくは2021年版の6つの経済学入門の教科書をレビューし、FRBの今日および長期的な政策の実施方法と関連する概念のカバレッジに大きなばらつきがあることを見い出した。我々は、次の改訂で著者たちが教科書を如何に改善できるかについての勧告を提示する。我々はまた、中等学校の教育者が使用している基準や指針もレビューした。それらはすべて時代遅れとなっており、我々はそれらの教材の更新方法についての提案を提示する。

判事の定年制による米国の州最高裁のパフォーマンスの改善

というNBER論文が上がっている7月時点のWP、H/T Mostly Economics)。原題は「Mandatory Retirement for Judges Improved Performance on U.S. State Supreme Courts」で、著者はElliott Ash(チューリッヒ工科大学)、W. Bentley MacLeod(コロンビア大)。
以下はその要旨。

Anecdotal evidence often points to aging as a cause for reduced work performance. This paper provides empirical evidence on this issue in a context where performance is measurable and there is variation in mandatory retirement policies: U.S. state supreme courts. We find that introducing mandatory retirement reduces the average age of working judges and improves court performance, as measured by output (number of published opinions) and legal impact (number of forward citations to those opinions). Consistent with aging effects as a contributing factor, we find that older judges do about the same amount of work as younger judges, but that work is lower-quality as measured by citations. However, the effect of mandatory retirement on performance is much larger than what would be expected from the change in the age distribution, suggesting that the presence of older judges reduces the performance of younger judges.
(拙訳)
事例証拠は仕事のパフォーマンス低下の原因として老化を示すことが多い。本稿はこの問題について、パフォーマンスが測定可能であり、定年制の方針にばらつきある状況についての実証結果を提供する。その状況とは米国の州最高裁である。我々は、定年制の導入により働く判事の平均年齢が低下し、アウトプット(公表された意見の数)と法的影響力(それらの意見がその後引用された回数)で測った法廷のパフォーマンスが改善することを見い出した。老化の影響が要因であるという話に沿う形で、高齢の判事は若い判事と同じ量の仕事をこなすものの、引用で測った質が低いことを我々は見い出した。だが、定年制のパフォーマンスへの影響は年齢分布の変化から予想されるよりもかなり大きく、高齢の判事の存在が若い判事のパフォーマンスを低下させていることを示唆している。