マクロ金融トレンドの説明:市場支配力、無形資産、ならびにリスクプレミアム

という昨日とはまた別の共著NBER論文をEmmanuel Farhiが上げているungated版ブルッキングス研究所版)。原題は「Accounting for Macro-Finance Trends: Market Power, Intangibles, and Risk Premia」で、共著者はFrançois Gourioz(シカゴ連銀)。
以下はその要旨。

Real risk-free interest rates have trended down over the past 30 years. Puzzlingly in light of this decline, (1) the return on private capital has remained stable or even increased, creating an increasing wedge with safe interest rates; (2) stock market valuation ratios have increased only moderately; (3) investment has been lackluster. We use a simple extension of the neoclassical growth model to diagnose the nexus of forces that jointly accounts for these developments. We find that rising market power, rising unmeasured intangibles, and rising risk premia, play a crucial role, over and above the traditional culprits of increasing savings supply and technological growth slowdown.
(拙訳)
実質リスクフリー金利は過去30年間に低下傾向にある。この低下に照らすと不思議なことに、(1)民間資本のリターンは安定的な状態を続けた、ないし、むしろ上昇して、安全利子率との差が拡大した、(2)株式市場の評価比率は小幅にのみ増加した、(3)投資は精彩を欠いた。我々は新古典派成長モデルの単純な拡張版を用いて、こうした推移を合同で説明する様々な力関係を調べたた。我々は、貯蓄供給の増加と技術的成長の減速という従来の推定原因よりも、市場支配力の増大、測定されない無形資産の増加、ならびにリスクプレミアムの上昇の方が極めて重要な役割を演じていることを見い出した。