状態依存価格付けと最適金融政策

という論文をシドニー大学のDenny Lieが書いている(原題は「State-Dependent Pricing and Optimal Monetary Policy」)。
以下はその要旨。

This paper studies optimal monetary policy under precommitment in a state-dependent pricing (SDP) environment, in contrast to the standard assumption of time-dependent pricing (TDP). I show that the endogenous timing of price adjustment under SDP importantly alters the policy tradeoffs faced by the monetary authority, due to lower cost of inflation variation on the relative-price distortion. It is thus desirable under SDP for the monetary authority to put less weight on inflation stabilization, relative to other stabilization goals. The optimal Ramsey policy under SDP delivers a 24 percent higher standard deviation of inflation, but with 26 percent and 6 percent lower standard deviations of output gap and nominal interest rate, respectively. Within a simple, Taylor-like policy rule, the change in the policy tradeoffs is manifested in higher feedback response coefficients on the output gap and the lagged nominal interest rate deviation under SDP. Additionally, this paper studies the optimal policy start-up problem related to the cost of adopting the timeless perspective policy instead of the true Ramsey policy. The SDP assumption leads to different start-up dynamics compared to the dynamics under the TDP assumption in several important ways. In particular, the change in the policy tradeoffs gives rise to much higher start-up inflation under SDP.
(拙訳)
本稿では、標準的な時間依存価格付けの仮定ではなく、状態依存価格付けが行われる環境における、事前のコミットメントの下での最適な金融政策を研究した。状態依存価格付けにおける内生的な価格付けのタイミングは、インフレ変動が相対的な価格の歪みに及ぼすコストを低めることにより、金融政策当局が直面するトレードオフを大きく変えることが示される。従って状態依存価格付けにおいては、金融政策当局がインフレ安定化のウェイトを他の安定化目標に比べて低めることが望ましくなる。状態依存価格付けにおける最適ラムゼイ政策では、インフレの標準偏差は24%高くなり、生産ギャップと名目金利標準偏差はそれぞれ26%と6%低くなる。単純なテイラー的なルールでは、政策のトレードオフの変化は、状態依存価格付けにおける生産ギャップとラグ名目金利の乖離のフィードバック反応係数の上昇として表れる。また本稿では、真のラムゼイ政策ではなく、無時間の観点における政策を採用することに伴う最適政策の初期問題を研究する。状態依存価格付けの仮定は、時間依存価格付けの仮定とは幾つかの重要な点で異なる初期の動きにつながる。特に、政策のトレードオフの変化によって、状態依存価格付けにおける初期のインフレはかなり高くなる。