ターラーからタックルへ;現在の危機から如何に抜け出すかについて

というプラハで開かれたユーロフィ主催の金融フォーラムでのクラース・クノット・オランダ銀行総裁の講演(原題は「From thaler to tackle. On how to lift us out of the current crises」)を、Mostly Economicsが紹介している。以下はその冒頭。

Hello everyone.
As a central banker, to be in the Czech republic is a special feeling for me. Do you know why? Because if it were not for Czech ingenuity the world would likely have looked quite different. And no, I’m not talking about essential Czech inventions such as mechanical pencils, sugar cubes or pilsner. I am talking about something the financial industry is much more fond of– In a way, the seeds of our shared monetary history lay in the tiny town of Jachymov.
For it was there, at the dawn of the Renaissance, that the rulers of Bohemia started minting coins that would later serve as the prototype for all major Western currencies. With an image of saint Joachim on the front and the Bohemian lion on the back, the new currency was labelled as “Joachimsthalers” – which soon was shortened to “thalers”. With the helping hand of the Holy Roman Empire, the thaler spread across Europe. From here it was just a matter of time before the Dutch brought the Leeuwendaler to New Amsterdam. And after New Amsterdam turned into New York, the Leeuwendaler turned into the dollar.
By passing through the Joachimsthalers from neighbor to stranger, our ancestors breathed life into our financial system. They relied on each other to spread their currencies across the globe. They relied on their currencies to improve their welfare and wellbeing. That interdependence still persists in our financial system today: we need strong, stable and sustainable finances to ensure and support welfare and wellbeing. This is a balancing act that requires all of us to weigh in. For there are many challenges that can disturb the balance.
When we now think of the most pressing financial challenges our societies face, the rapid revival of inflation stands out. The strong price increase for energy and commodities in particular has hit societies all over the world with force. Pushed past its point of inflection, inflation eats away at consumption and investment capacity and frustrates financial planning. In response, the ECB rallied to raise policy rates to calm down the business cycle and keep inflation expectations anchored. We will continue doing so until the inflation outlook has stabilized around our 2% target in the medium term.
(拙訳)
皆さんこんにちは。
中央銀行家として、チェコ共和国にいることには特別な感慨を覚えます。なぜだか分かりますか? 理由は、チェコの発明が無かったならば、世界は全く違ったものになっていたであろうからです。いいえ、ここで私が言っているのは、シャープペンシル、角砂糖、ピルスナーといった基本的なチェコの発明品のことではありません。私は言っているのは、それらよりも金融業界が大いに好きなものです。ある意味で、我々が共有する金融の歴史はヤーヒモフという小さな町に端を発しているのです。
というのは、ルネッサンスの夜明けの時代に、ボヘミアの統治者が硬貨を鋳造したのはそこだからです。その硬貨は後に、全ての主要な西洋の通貨の原型となりました。聖ヨアキムの像が表、ボヘミアのライオンが裏にあしらわれた新しい通貨は、「ヨアヒムスターラー」と名付けられ、間もなく「ターラー」と縮められました*1神聖ローマ帝国の助けを借りて、ターラーはヨーロッパ中に広まりました。それからオランダ人がリューエンダーラーをニューアムステルダムに持ってくるのは時間の問題でした。そしてニューアムステルダムがニューヨークになると、リューエンダーラーはドルになりました。
ヨアヒムスターラーを近隣の人から余所の人に広げることで、我々の先祖は金融システムに命を吹き込みました。お互いに依存しながら彼らは自分の通貨を世界に広めました。通貨に依存して彼らは自分の福利と厚生を改善しました。そうした相互依存は今日の我々の金融システムでも依然として続いています。福利と厚生を保証し支えるためには、強くて安定した持続可能な金融が必要なのです。それは我々すべてが参加する必要がある、バランスを保つ行為です。そのバランスを崩し得る難題は数多くありますので。
我々の社会が直面する最も差し迫った金融面の難題としては、インフレの急速な再来が筆頭に挙げられます。特にエネルギーと商品の価格の大きな上昇は、世界中の社会に強い力で襲い掛かりました。ターニングポイントを超えて押し上げられると、インフレは消費と投資の能力を侵食し、金融面の計画を妨げます。これに対応してECBは、景気循環を鎮静化しインフレ予想の固定化を維持するために政策金利を再び引上げました。中期のインフレ見通しが2%目標付近で安定するまで我々はそれを続けるつもりです。

硬貨鋳造発祥の地としてのチェコをつかみとして持ってきているが、後半では気候変動対策に絡めてチェコの有名な作家の言葉と、チェコ出身の米国初の女性国務長官の言葉を持ってきている。

As Václav Havel put it: "Vision is not enough, it must be combined with venture. It is not enough to stare up the steps, we must step up the stairs."
The implementation of sustainable finance is our venture, our decisive step up the stairs. We must implement serious climate policies which take into account the negative externalities of carbon emissions. That means encouraging sustainable initiatives rather than subsidizing fossil fuels. That means incorporating ESG risks into our policies and business strategies. That means providing a wide array of sustainable and transparent financial products for our clients and partners. At the end of the day, renewables also remain our best bet to establish energy security.
Fortunately, the financial sector overwhelmingly supports the Paris Agreement and pledged en masse that they – that we – will do our part to establish a net-zero economy. While more is still needed, available capital should be put to maximum use. For financial institutions, this means implementing proper risk management policies to price in ESG risks. But for risks to be understood by the broader public, we also need common reporting regimes.
In this regard, I applaud the ambitious EU initiatives regarding climate disclosures. At the same time, financial institutions have voiced concerns regarding the different metrics that are currently being drafted between the Eurozone and standard setters such as the ISSB. Therefore, I would like to echo my previous message regarding the harmonization of regulatory policy. By designing internationally comparable climate disclosures from the start, we maximize their impact. This puts the industry in the best possible position to put their capital to work.
Just as our ancestors joined hands to create a strong financial sector by means of the Joachimsthaler, we now have to honor their legacy by keeping it that way. Today, a strong financial sector requires resilience and a transition to a balanced, sustainable economy. We do so together, but all in our own way, relying on our own strengths. As Madeleine Albright, daughter of a Czech diplomat, once said:
"The main thing is to remain oneself, under any circumstances; that was and is our common purpose."
In times of growing challenges to price and financial stability, there is great value in our combined effort. It is our European identity to come together and serve as a positive example for others. Once again, we have to transform our interdependence into collective action. We all have our role to play.
Thank you.
(拙訳)
バーツラフ・ハベルが言ったように、「ビジョンだけでは不十分で、思い切ってやることを伴わなくてはなりません。階段を見上げるだけでは不十分で、上らなくてはならないのです。」
持続可能な金融を導入することが、我々にとっての思い切ってやること、階段を決然として上ることです。我々は、炭素排出の負の外部性を考慮した真剣な気候変動対策を導入しなくてはなりません。即ち、化石燃料を補助するのではなく、持続可能なイニシアティブを促進するべきなのです。ESGリスクを政策と企業戦略に取り込むべきなのです。持続可能で透明性のある様々な金融商品を顧客やパートナーに提供すべきなのです。結局のところ、再生可能エネルギーは、エネルギーの保証を確立する上で依然として最善の方策でもあるのです。
幸いにも、金融部門の圧倒的多数はパリ協定を支持しており、彼ら、ないし我々は、一団となってネットゼロ経済を確立するために自分の役割を果たそうとしています。利用可能な資本は、それでも十分ではないものの、最大限使われるべきです。金融機関にとってそれが意味するのは、ESGリスクの費用を織り込んだ適切なリスク管理政策を導入することです。しかしより広く一般市民にリスクを理解してもらうためには、共通の報告体制も必要です。
この点で私は、気候変動開示に関するEUの野心的なイニシアティブを賞賛します。その一方で金融機関は、ユーロ圏ならびにISSBのような基準の作り手が現在作成しつつある相異なる基準に懸念の声を上げています。私は先に述べた規制政策の調和についての意見を再度申し上げたいと思います。国際的に比較可能な気候変動開示をいちから設計することで、我々はその効果を最大化することができます。それによって業界が、資本を稼働させる上で最善の位置に付くことができるのです。
我々の先祖が手を取り合ってヨアヒムスターラーという手段を通じて強力な金融部門を作り出したように、今の我々はそのやり方を継続することによって彼らの遺産を尊重すべきなのです。現在、強力な金融部門は、弾力性と、バランスの取れた持続可能な経済への移行を必要としています。皆で一緒に、ただし全て我々独自のやり方で、我々自身の力に頼ってそうしましょう。チェコの外交官*2の娘であったマデレーン・オルブライトはかつてこう言いました。
「重要なのは、どんな状況下でも、自分自身でいること。それがこれまでも、そして今も我々の共通の目標です。」
物価と金融の安定性への難題が増す中、協力して事に当たることには大いなる価値があります。協力し、他者にとっての見習うべき手本となることは我々ヨーロッパのアイデンティティなのです。今一度、我々は相互依存を集団行動に変える必要があります。我々全員に果たすべき役割があります。
どうもありがとうございました。