中央銀行の予測は民間予測に優るか?

という論文を欧州の3人の研究者が書いている。原題は「Does Central Bank Staff Beat Private Forecasters?」で、著者はMakram El-Shagi(ハレ経済研究所)、Sebastian Giesen(同)、Alexander Jung(ECB)。

以下はその要旨。

This paper assesses the relative performance of central bank staff forecasts and of private forecasters for inflation and output. We show that the Federal Reserve (Fed), and less so the European Central Bank (ECB), has a significant information advantage concerning inflation and output forecasts. Using recently developed tests for conditional predictive ability and forecast stability for the US, we find that the driving forces behind the narrowing of the information advantage of Greenbook forecasts have coincided with the Great Moderation.
(拙訳)
本稿では、インフレと産出についての中央銀行スタッフの予測と民間予測の相対的なパフォーマンスを評価する。我々は、FRBと、FRBほどではないがECBが、インフレと産出の予測に関して有意な情報の優位性を保有していることを示す。条件付き予測能力と予測の安定性に関する最近開発された検証法を米国に用いたところ、グリーンブック*1予測の情報優位性の縮小をもたらした要因は、大平穏期と符合することが分かった。

*1:cf. ここ