知りたくないの

Economic Logicが、一昨日紹介したエントリに関連して、情報という観点から肥満の問題に切り込んでいる
以下はそこで紹介された論文の一つの要旨。

This paper analyzes if people use ignorance as an excuse to pursue immediate gratification, at the expense of future wellbeing, a behavior we label ‘strategic self-ignorance’. In a theoretical model we show that present-biased individuals benefit from choosing ignorance of the potentially negative impact of present consumption, and that ignorance leads to over consumption of harmful goods. In an experiment we empirically test for strategic self-ignorance. The experiment entails prepared meals, for which subjects may be familiar with the taste (immediate utility) but are uninformed of the calorie content (potential harm to future health). Subjects are offered costless information on the calorie content of the meal alternatives. A majority of subjects (58 percent) choose to remain ignorant of the calorie content, and ignorance leads to a significantly higher intake of calories. Our results imply that people are strategically self-ignorant and that such behavior may help explain over consumption of harmful goods.
(拙訳)
本論文では、将来の効用を犠牲にして即時的な満足を得るために、人々は自らの無知を言い訳にする、という点について分析する。我々はこの行動を「戦略的無知」と呼ぶ。刹那志向の人間は、現時点の消費がもたらしかねない負の影響について知らないでいることを選択し、そうした無知は有害な財の過剰消費につながる、という理論モデルをここで提示する。我々は戦略的無知に関する実験も実施した。その実験では、被験者が味(即時的効用)を知っているがカロリー(将来の健康を損なう可能性)は知らない、という食事を用意した。被験者はコストなしでカロリーを知る選択肢も与えられた。過半数の被験者(58パーセント)はカロリーを知らないままでいることを選択し、そうした無知はカロリーを有意に多く取る結果につながった。我々の分析結果は、人々は戦略的無知を選択しており、そうした行動が有害な財の過剰消費を説明する、ということを示唆している。