経済学:私的概論/(6)ケインズvs古典派

<主な流れ(6)>

ケインズ革命John Maynard Keynes)−(5)ケインズvs古典派
  • 価格の 下方硬直性 vs 伸縮性
  • 利子率決定 流動性選好 vs 財市場で時間選好により決定
    • 貯蓄は現時点の消費をあきらめて将来の消費に回す行動
      • 時間選好・・・利子率はその代償
    • 投資も現時点での消費をあきらめて生産(=将来のより大きな消費)に回す行動
      • 限界収益率が利子率に等しくなるまで投資が行なわれる

   [I=S決定]

    • ケインズ:Iが実質利子率で決まり、I=SとなるようにYが決定される
    • 古典派 :I=Sとなるように利子率が決定される。

         


●その後の流れ

●その他
  • 「異端の経済学」(根井雅弘[1995]筑摩書店)

==================================

[参考文献]*2

経済学の考え方 (岩波新書)

経済学の考え方 (岩波新書)

ゼミナール経済学入門

ゼミナール経済学入門

ゼミナール現代金融入門

ゼミナール現代金融入門

ゼミナール日本経済入門 (ゼミナール・シリーズ)

ゼミナール日本経済入門 (ゼミナール・シリーズ)

ゼミナール マクロ経済学入門

ゼミナール マクロ経済学入門

入門マクロ経済学 第5版

入門マクロ経済学 第5版

21世紀の経済学―市場主義を超えて (講談社現代新書 (1451))

21世紀の経済学―市場主義を超えて (講談社現代新書 (1451))

経済政策とマクロ経済学―改革への新しい提言

経済政策とマクロ経済学―改革への新しい提言

クルーグマン教授の<ニッポン>経済入門

クルーグマン教授の<ニッポン>経済入門

*1:Krugman[1998]はこうしたモデルのことを「a model that dots its microeconomic “i”s and crosses its intertemporal “t”s」と表現している。これは、こうしたモデル中の変数の添字に、個別主体を表わすiと、時間を表わすtが良く付けられることを、英語の慣用的表現に掛けている( cf)dot the[one’s] i’s and cross the[one’s] t’s =「詳細に記す、明確に説明する[述べる];細部にまで十分気を配る」『リーダース英和辞典(研究社)』 )。

*2:文献リストとして記述したのは実際に参照した版だが、リンク先はなるべく新しい版にリンクした。